コビトスルヒト

2歳のコビトが生息しています

こどもの日を楽しむ◆こいのぼりアート

f:id:yorunekom:20180505111935j:image

先日、

息子と一緒に "こどもの日アート" をしました。

 

模造紙を折って、鯉のぼりの土台作りと、

目は私が描いておきました。

 

後は、絵の具とクレヨンを使って自由自在にやらせてみたところ、

こんなカラフルな鯉のぼりの出来上がり。

 

f:id:yorunekom:20180505171135j:image

クレヨンを使ったり。

f:id:yorunekom:20180505171201j:image

絵の具を使ったり。

 

f:id:yorunekom:20180505164554j:image

 

そしてよく見ると、

ところどころに 最近息子が良く描く "顔" が紛れてます。

f:id:yorunekom:20180505171345j:image

f:id:yorunekom:20180505171416j:image

 

 

 

田舎なので、空を泳ぐ大きな鯉のぼりを何度も目にしていたし、

お店などで見かける鯉のぼりも見て触っていたので "鯉のぼり" という存在は既に知っていた息子。

 

それを自分で作ったのが嬉しかったのか、

人に会う度に

『こいのぼり つくったの!』

と教えたり、

ぬいぐるみなどに 作った鯉のぼりを見せたりしていました。

 

出来上がった鯉のぼりを頭にかぶって写真撮影。(息子の頭をパクッといってます)

f:id:yorunekom:20180505164948j:image

f:id:yorunekom:20180505165019j:image

f:id:yorunekom:20180505165046j:image

 

これをかぶって遊んだせいで、

パン屋に行くと 長いコック帽(?)をかぶった店員さんに

『おにいちゃんも こいのぼり かぶってるねー!!!』

なんて言ってました。

 

たしかに、模様付けをする前は真っ白だったのであんな感じだった。笑

 

自分で作った物は なによりも愛着が湧くよね。

私もずっとそうでした。

だけどそれ以上な物があることが分かりました。

"我が子の作品"は、自分の作品よりも最高!

どんな芸術家の作品を見るよりも、面白いです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村