コビトスルヒト

筋トレが好きな6歳の息子との日々

息子の度胸のある姿に驚かされた

1年生最後の授業参観と懇談会がありました。

 

最後の授業参観は"1年でできるようになったことの発表"

1人ずつ、マット運動や縄跳び、時計の読み方などを緊張しながらもしっかりと披露してくれて、いよいよ息子の名前が呼ばれ、披露してくれるのは、なんと、歌!

歌のテストでみんなの前で歌うのでさえ緊張するのに授業参観で保護者の前で歌うなんて、私だったら罰ゲームレベル。

 

もう1人歌を披露してくれる男の子がいて、まずはその子の独唱。歌声が本当に綺麗で涙が出そうになった。

続いて息子の番。上手いとか下手とかは堂々と歌う息子の姿を見て、凄いなと感心しました。歌いながら見ている1人1人の目を見て歌っているのです。他のお母さんたちにも言われたので、みんなの目を順番に見ながら歌っている姿のことを言われたので同じてくれていたんだなと思ったのですか、本人にそれを伝えたら「みんなの顔見てない。後ろのけいを見てた。」とのことだった。

 

最後に2人で校歌を歌ってくれたのですが、これまた綺麗な歌声で。ショーを見せてもらった満腹感。ご馳走様でした!

歌い終わった後の2人は一緒に緊張を乗り越えた同士のような感じで、満足そうな、達成感に満ち溢れた顔をしていて、お互いに「じゃ!」と2人で軽く手を上げ挨拶をして席に戻って行きました。その姿が可愛くて、いや本当に飯ウマでした。思い出してご飯3杯くらい食べれそう。

 

普段は目立つタイプではない息子ですが、発表会など人前に立つととても堂々としています。尊敬しちゃう。

 

授業参観後の懇談会もとても楽しかった。小学生になって初めての授業参観後に懇談会があって、自分の子どもの良いところを1人ずつ言っていったのですが、今回もまた子どもの良いところや成長したところを伝え合うことに。

 

自分に子どもができる前は、保育園や小学校ってママ友関係めんどくさいんだろうなと思っていたのだけど、保育園から今まで環境に恵まれていて面倒な思いなんて1度もしたことがない。子ども関係のトラブルもない。みんな明るく穏やかで、そしてそれぞれ仕事をしている人ばかりなので必要以上の絡みもなく。なのでこうして久しぶりに会える授業参観や懇談会は楽しみなのです。

 

 

 

 

 

 

小学1年生のゲーム事情

小学生になるとテレビゲーム(言い方古ッ)流行りますよね〜。今までの人生で殆どテレビゲームをしてこなかった私も、小学1年生でゲームボーイをゲット、2年生くらいにファミコンをゲットしてやってましたから。

 

そんな息子も例に漏れずゲームにハマっているんですが、ハマっているゲームというのがROBLOXというオンラインゲームです。学校でお友達と何時に集合(大体17:30)と待ち合わせをして帰宅し、時間になるとゲーム上で落ち合って遊んでます。

 

こうやってお友達とゲームをするようになって変わったことが、

変わったことその①、規則正しくなった!!ということ。

 

今までは18時に宿題、お風呂、ご飯という順番で過ごしていたのですが、18時からそれをしないといけないとなると30分弱しか一緒にゲームができなくなってしまうのです。(17:30に集合と言っても大体集まるのは少し遅れる)

 

なのでゆっくりゲームが出来るように17:30までに宿題お風呂を済ませておくようになりました。

17:30から息子はゲームに夢中になるの、で私も夕飯準備をその時に始め、18:30には夕飯。ここが遅くなるとゲームをやる時間が長くなる!という様に自分の背中を押して作ってます。

 

変わったこと その②、夕飯時のテレビ(YOU TUBEも)がなくなった。

ゲームをやり終わった後なので、目を休めようという意味も込め、食事時には食事に集中するようになった。テレビがついていると、テレビに集中してしまい食べるのが遅くなってしまうんです。分かってはいたのですが、自分も食事時にテレビをつけている人生を送っていたのでそれが通常になってしまっていて。だけどそれがなくなり、食事中にゲームで起きたことの話や学校の話をしながら食べても それでも食べるのが早くなった。

 

やることは全部済ませている上にご飯を食べ終わるのも早くなると、その後の夜の時間がグッと長くなります。その時間は一緒にトランプとかカードゲームとか人生ゲームとかをやったりしています。

 

カードゲームはやればやるほど脳が鍛えられている気がするし、人生ゲームはお金の計算が早くなる!いつも息子が銀行をやるのでお金を扱っているのですが、日に日に計算が早くなっています。

こうゆうゲームってめちゃくちゃ良いじゃん!

次はUNOを購入したいなと思っているところ。カードゲームって色んなルールがあって面白いのでまた新しいゲーム見つけたい。

 

今は"なんじゃもんじゃ"というゲームと"DOBBUL"というゲームにハマってます。ボケ防止になりそうと言って、私も両親も一緒にやって盛り上がったりしてます。

f:id:yorunekom:20230125032822j:image

 

変わったこと その③

一緒にゲームをやるようになって学校でも盛り上がっているのか、登校するとお友達が息子を校門に迎えに来てくれて楽しそうに学校に行くようになった。

今まではそんなお迎えなんてなかったし、ブログにも何度か書いていたけど、保育園の時は大人しくてみんなでワイワイ騒ぐタイプではなかったので1人で園庭をぐるぐる歩いて"日焼けしてる…"とか言っていたタイプなので、登園した時にお友達が嬉しそうにお迎えしてくれるとか…なかったんですよね。別に私も気にしていなかったのですが、やっぱり嬉しそうに息子を待ちわびてくれている姿を見るのは純粋に嬉しい。

 

こんな感じで、オンラインゲームでお友達と遊ぶようになってから生活が良いように変わっているなと思うのですが、気になるのが、ゲームをやっていない友達との関わり。親の方針も色々あると思うので、やりたくてもできない子がいるかもしれないし、もしかしたらやる時間は15分!とか短く決めていたのに長くなってしまっているかもしれない…という、他の家庭に悪影響を与えてしまっていないかな?ということ。他の家のゲーム方針、どんな感じなんだろうなー。

 

 

 

昨年の目標振り返りと、さて今年は?!

超絶お久しブログです。

11月25日にハロウィンの事を書いたまま放置状態になったしまいました。

 

12月は毎日Vlog(ビデオブログってやつ)を撮っていて、朝のアドベントカレンダーから何までのあれこれを撮り夜中に編集。翌日息子と一緒に見る。という毎日を過ごしていました。なのでもうブログは一旦休止。潔く諦めました。

 

日々の動画で忙しいだけではなく、未だ繁忙期も続いていたので仕事にも追われ。仕事に関していうとステップアップをして新たな事もしていたので気持ちも頭もやることもいっぱいいっぱい!!!

 

からの、年末年始に入った途端見事なだらけっぷり。学校も、そして私の仕事も休みだったので最高にダラけ時間を気にしない生活っぷりでした。最高!!

その間にクリスマス、年越し、新年、息子の誕生日…と楽しいイベントだらけだったので毎日楽しかったなぁ。そして散財した。

 

さて、昨年立てた目標と振り返り

①動画で日々を残す

②水をたくさん飲んで体を動かす

③アパレル系制作したい

 

こんな目標を立てていました。すっかりわすれていたけど、思えばずっと頭にあったことだった。とりあえず先にも書いたように、動画はかなり撮りました。特に夏休みと12月に関しては毎日!頑張った。振り返って見るとやっぱり面白くて、息子も良く見てます。

 

体を動かすに関しては、最近では全く…になってしまったけど、夏頃息子が筋トレにハマったのをキッカケに私も一緒に筋トレ、プロテインシェイクを飲んだり、プロテイン意識した食事で卵を良く食べてました。だけど、子どもがあまり筋肉を付けると身長が伸びなくなるとコーチに言われて知った息子は全く筋トレしなくなりまして…おーい!

 

アパレル系制作したいというのは全く出来なかったですねー…新しい服も殆ど購入してないので、同じ服ばかり着てたな…。新しく購入した服といえば、アメリカンな床屋で購入したTシャツと、志村けんのTシャツ。あ、あと12月に行った旅行で貰ったクーポンを使ってニコアンドでパーカー買ったんだ!以上。

逆に息子の服は良く買った。今年、アメリカンold carデザインのスウェットがたくさん出ていたので親子でウホウホ興奮して買った。少し大きめのスウェットを着てテレビゲームをしている姿を見るのが好きなんです私。眼福。少年!っていう感じがして笑

 

では今年の目標。今年はまた何か新しいことにチャレンジしたいなぁと思って考えまくっているのですが、全然浮かんでこないので浮かんだ時に決めます。

①動画は引き続き残す

②1月1枚絵を描く

③LINEスタンプ作りたい

④身体引き締め!1日15分筋トレ

 

こんな感じでいきます。

 

本年もよろしくお願いします!

 

 

今年のハロウィンは…

やっと10月の思い出ブログが書き終わる。リアルタイムはもうすぐ11月が終わる。あぶねあぶね。

 

今年もトリックオアトリートしてきましたよ。今年もと言っているけど、この時期のブログあまり書き残して来なかったので毎年恒例感はないかもしれませんね。

 

ハロウィンは私の大好きなイベントなのですが、仮装をするっていうことが楽しいのではなく、TRICK or TREATINGをしたいのです。「お菓子くれなきゃイタズラするぞ!」と言って練り歩き、お菓子をもらって歩くアレね。アメリカで体験したそれが楽しすぎて子どもたちも可愛すぎて、アレがやりたくてたまらないのです。だけどここは日本、しかもド田舎!どの家もデコレーション、お菓子の準備、仮装して練り歩く…やってないんですよ。

 

そんなわけで4年前かな?息子が2歳の時から始めたのです。近所の方などをメインに、"仮装して行きます。"と。息子だけではなく、私も、そして母も仮装をしてお家巡り。初めは、なんのこっちゃ?と、またなんかよくわからん事を楽しんどるな。という感じでした。玄関に行ってから息子が一曲ダンスを披露して楽しませよう。成長を見てもらおう!という流れだったのですが今年は5年目。5年目となるともう周りのみんなも周知していて、「今年も来る?」「今年はどんな仮装するの?」と前もって連絡をくれたり、用意してくれるお菓子が年々大量になってきて、本当にキャンディ3個とかそんなので充分なのに大きな袋に何個もお菓子や果物を入れてもたせてくれたり、魔女になって仕掛けを用意してくれていたりして。ご高齢の方にとっては本当に馴染みのないイベントだと思うけど、一緒に楽しんでくれて本当に嬉しい。ただもらって帰るには申し訳ない量を用意してくれるので、私たちが持っていくお礼の品も少しずつバージョンアップしております。

 

息子はもちろん楽しくてしょうがない様子で、今から既に来年は何にするかなんて計画をしていますが、年頃になったら面倒になって行きたがらなくなるでしょう。その時まで私も全力で楽しみますが、我が家だけではなく、他の子どもたちも引き連れてみんなで行けたら楽しいよなーと密かに目論んでおります。

 

今年も楽しかった!

f:id:yorunekom:20221125104003j:image

この空気人形の仮装、子どもたちが大喜びでした!

広い空を見るためにピクニックランチ

10月の半ば、秋晴れの暖かい日、友人と息子の3人で廃校舎をリノベしているカフェに行きました。

 

カフェでランチをする予定でしたが満席の為、敷物を借りてテイクアウトにし、ピクニックスタイルでお昼ご飯。

f:id:yorunekom:20221125100055j:image

とても暖かく、周りは紅葉が少しだけ始まった山々。上を見ると広い空。気持ち良い。

そこで3人、小さなレジャーシートにちょこんと座っている私たち。広い敷地なのに、なんでこんなに縮こまってるん?って感じくらいくっついてご飯を食べました。楽しい。

東京に行くと息子はいつも上を見上げて「東京は空が狭くて近い」と言います。沢山のビルが建っているのでそこから見える空は狭いのです。近いという感覚も見てみるとよく分かる。

テイクアウトのお弁当を食べながら見た空は、それはそれは広かった。砂漠とかに行ったらどんなに広いことだろう。

 

"視野を広くもて"と言いますが、考え方の問題や客観的に捉えてみるってことだけではなく、実際の視界も広くいた方がいいらしいよ!何かで読んだけど、なにで読んだかググっても見つからなかった。。。私の記憶がたしかならば、視野が狭くなると脳へのストレスがかかっている状態なんだって。実際に見ている視界って狭く狭くなりがち。今だって私はこの小さなスマホに集中して文を打っているんだから。大自然の中に行ってなんだかストレスが軽減されリフレッシュできたり、悩んでいた気持ちが軽くなったりするのって、自然からのエレルギーもあるだろうけど、視界が広い場所にいることで脳へのストレスが解放された為なのかもしれない!よね。

 

と言うことで、日常生活に疲れた時は、是非少しでも視界を広くしてみよう。息子も、毎日学校に行って黒板に、机の上に、ノートに集中して、帰宅してからはテレビばっかり。視界がとても狭い日常なので、休みの日くらいは広い広い視界の場所に行きたいな。と思うのでした。ちゃんちゃん

 

 

ハロウィンナイトat森林公園

10月の週末に森林公園でハロウィンナイトというイベントがありました。f:id:yorunekom:20221122211103j:image

カナダにいた頃、スタンレーパークという広い公園で開催されていたクリスマスナイトみたいだなと、写真を見てワクワクが止まらない。平日の開催が無かったので行けるかどうかわからなかったけど、行けてよかった。

ハロウィンだとかクリスマスだとか、最近はだんだんとイベントも多くなってきて魅力的なものが沢山あるけど、どれも土日限定だったりしていけないことが多く…平日も開催出来るくらい盛り上がって貰えるとありがたい。

 

実際行ってみるまであまり期待しないようにしていたのですが、充分満喫できました。

 

"寒い〜とガタガタ震えながらマシュマロ入りのココアを飲みながらイルミネーションを楽しむ"というのがカナダでの記憶なので、ココアを飲みたかったのですが、息子はココアやチョコレートが嫌いなので、豚汁を食べました。日本人!!!豚汁最高!!

 

"夜×イルミネーション"でワクワクドキドキするんだけど、プラス音楽要素ってめちゃくちゃ大事!今回ハロウィンの音楽や魔女の声なんかが至る所から流れていて、それが混じり合う感じ、めっちゃ良い!と実感。

 

息子は沢山のライトが光っているトンネルの中で、"気持ち良い〜気持ち良い〜"と言って目を閉じて何かを感じていたのですが、その気持ち凄く分かるよ!!なんか分からないけど、気持ち良いんだよね。f:id:yorunekom:20221122211035j:image

 

季節のイベント、どんどん盛り上がっていくと良いですね。親は大変ですけどね。

 

 

母友のライブに行ってきた話

先日、母の友人がライブをやるということで息子も一緒に3人で遊びに行きました。少しの時間だけど。

 

母達の世代に流行したフォークソングの連続で、母は懐かしそうに嬉しそうに口ずさみながら聴いてました。色々な青春時代を思い出すんだろうな。

 

母の友人も、みんな楽しそうにしていて、趣味を一緒に共有できる友人がいるって良いよななんて思いながらその光景を見てました。息子が知らない私の青春時代があるように、私が知らない母の青春時代が今母の脳内に…

 

私の青春時代は丁度周りで青春パンクブーム真っ盛りでしたので、ハイスタ・モンパチ・ゴイステ・スタパン・太陽族・B-DASHとか聞くと懐かすぃーーーーーーー!!!ってなる。

f:id:yorunekom:20221118061158j:image

 

とくにモンパチの"小さな恋の歌"と"あなたに"は、大ブーム中の時に高校入学だったので、どこに行ってもあれが流れていた高校入学当時を思い出す。懐かしい。全然戻りたくないけど笑 中学から高校へのステップアップって、環境がかなり変わったから。

幼稚園からほとんど同じメンバーが中学までは一緒にいたけど、高校になると遂にみんなバラバラになる。その上、問題のあまりない学年だった小中に対し、高校はヤンキーかギャルギャル男ばかりの学校で、入学式から金髪だらけ化粧当たり前。ハイビスカス!!目の下ラメ!ラブボの鏡!ピアス!アユ!みたいな環境に衝撃を受けたっけ。

 

話が脱線した…

 

そう、楽しそうに演奏している母の友人達を見て、それを見て聞いて体を揺らしている母を含めた観客を見て、同じ世代を生きた人たちと"あの頃の時代"を共有してるの、めちゃくちゃ楽しそうだなーと思って。

30年くらいして自分が中年のおばちゃんと言われる年齢を通り越しても、仲間と一緒に青春パンク、モンパチだとかゴイステだとかを歌ってる姿を想像したら、なんだか凄く楽しそうで、そうやって笑っていないなと思ったのでした。