フォトグラファー 保坂さほさんのワークショップに行ってきました!

インスタグラムで度々見かけるスタイルの写真がありました。

緑の葉っぱや、レトロなアメリカのオモチャに囲まれた ふんわりとした雰囲気の空間に

まるで絵本の中のようにコドモが溶け込んでいる写真。

 

その写真を撮っているのが”保坂さほ”さんという方だと知ってからは、

彼女のエッセイ本を読んだり、ホームページを見たりして

かなりの刺激を受けました。

 

さほさんのワークショップは 募集をかけて3分で満席になったと書いてあったので、

募集開始の10分前からパソコンに張り付いて

手をプルプルさせながら入力し 勝ち取った今回のワークショップ。

 

今回だけはどうしても参加したいから1日息子を見ていて欲しいと

両親に見ててもらい 無事参加してきました。

 

こうゆうセミナーに参加したのは今回が初めて。

セミナー代、交通費とトータルしたらお金は結構かかってしまうけど

これは人生を楽しむ必要経費だ!

って思いました。 

だって 受けた後の私のヤル気ったら お金には換えられないものだもん。

 

ワークショップは、午前中は講義を聞いて

自分自身のことを書き出し、”自分を知る”時間でした。

やりたいことはまとまっていたつもりだったけど

まだまだ漠然としていたので 

それが今回のワークショップを機にかなりまとまりました。

 

なんでも調べられる便利なインターネットがあっても

なかなかリアルな所を知れないのが”お金関係”

その辺のことも細かく話してくれたので とても参考になりました。

 

さほさん自身のプロフォトグラファーになるまでの道のりは

既にエッセイを読み込んでいて知っていたのですが、

その流れも 私が彼女に興味を持つ要素だったんです。

30代から写真に目覚め、始めは撮られる側も経験し、フォトグラファーで初めて仕事がきた時は あたかも経験豊富な振りをして仕事を乗り切ったこと。

そして 試行錯誤して独学で売れっ子フォトグラファーになった・・・と。

簡単に、、、超簡単にいうとそんな感じ。

 

 

自分と”写真”との人生を振り返ってみると、

あの時のことも、あの時のことも、今に結びついているんだなあ・・・と

しみじみ過去の人生を振り返ってる自分がいました。

 

お昼休憩を挟んで後半は実技もあり。

さほさんがスタジオをセットするところや、オモチャの配置

一瞬たりとも見逃すものかと 

瞳孔広げて脳内インプット。(容量オーバーの為スマホに保存)

f:id:yorunekom:20180118025613j:image

 

コドモのあやしかたや 目線の引き方は 今まで見たことがなかったので

とても勉強になりました。

 

モデルで現れた男の子は いつもインスタグラムで見ていた子。

あまりの可愛さに胸キュンしていたのは 私だけではないはず。

というか 会場全員のハートを掻っ攫ったでしょう。

f:id:yorunekom:20180118025810j:image

撮影体験をした後は 質問タイム。

この時間が本当に為になりました。

 皆んなが知りたいことって 私も知りたいことばかりだったので。 

私自身も手を上げて質問したのですが、

人前での発言が苦手なので 心臓の鼓動が相当早まってました。

でも聞けて良かった。ずーーっと気になっていたことだったから。

1に対して 10で答えてくれるので 本当に有り難かったです。

 

質問タイムの後は 2人目のモデルちゃん登場。

f:id:yorunekom:20180118030318j:image

本当に可愛くて 

可愛く魅せ方も良く分かってる!

凄いなぁ。プロだなぁ。  

 

と、

全てが刺激的な1日でした。

もっとカメラの勉強しよう。

1年後にインスタグラムのレベルが

うんと上がっていますように。

 

 

 

 

初めて長時間のお留守番をしていた息子。

寂しがって泣いたかな・・・と心配しながらドアを開けると、

『あ、ママだ』

両手を広げて抱きしめのポーズをとっていた私とかなりの温度差が・・・

あれ?あれ?

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村