コビトスルヒト

お相撲さんが好きな3歳の息子との日々

乳児期回想記③② 5m12d チーム☆ラボで夢中になるのは大人です。そして息子 初めてのお泊まり。

2016年6月16日

 

京都に住んでいる友人が息子に逢いに来てくれました!!!!

友人とは色んな事を一緒にやって、
一緒にアメリカに行ったりもした仲。


そんな私たちが 子供を連れての再会。

不思議な気分です。


狭い実家なので泊まらせてあげれるスペースはなく、
彼女は日帰りで逢いに行くと言ってくれたのですが わざわざ京都から出てきてくれて久しぶりに逢えるのに数時間で帰すわけにはいかぬ。と、
ホテルを取って一泊することになりました。


”もう直ぐ駅に着く”とメールが入ったら、
驚く程に心臓がバクバクし始めて。

楽しみすぎてね。


まだ言葉のわからない息子に
「ヤバイ!緊張してきた!ヤバイよー!来るよー!Nちゃんが来るよー!ヤバイ!心臓バクバクしてきた!きゃーーー!!!!」
なんて言っていたら私のワクワクソワソワが伝わったのか、息子も大きな口開けて目を輝かせて笑っていた。

ワクワクの伝染。

 


そして再会!!!!
彼女の娘に会うのも初めてです。
産まれたのはもう2年前ですが、私があっちいったりこっち行ったりと日本を離れていたのでなかなか逢えず。
ちょっと照れくさそうに 母となった友達の足の隙間からヒョコンと見せた娘ちゃんがすっごく可愛かった。


では!いざ!目的地へ!!!!と車を走らせると、
絶賛人見知り中の息子が 呼吸困難になるのではないかと思う程に大泣きし始め、友達に運転をバトンタッチしました。
来てもらった上に知らない土地を運転させて申し訳ないけど、凄く助かりました。


そして行ってきました!チームラボ
息子にはまだ早いのは百も承知でしたが、友達の子は絶対楽しいと思って!


写真はないですが 大きな光るボールで遊べたり、
ケンケンパしたり ここはまるで宇宙空間。
光るボールの上に座らせて遊んでいたら
後ろに 【ボールの上に座らせないで】と書いてありました。
気付いた時はもう遊び終わったあと。ごめんなさい。


f:id:yorunekom:20190211195833j:image

こんな感じで乗り物や魚の塗り絵があります。
これを塗ると、大きなスクリーンに自分の描いた絵が反映される近未来的アドベンチャーなのです。



f:id:yorunekom:20190211195855j:image

↑こーなりますよねー。笑
必死に書いているのはお母さんで、

子供は絵よりもウェットティッシュに夢中です。


スクリーンに反映させる為に描いた絵を係りの人の所へ持って行きます。
きっとそういう決まりになってるんだと思いますが、描いた絵に一言コメントをしてくれます。


先に並んでた友達も何かコメントをもらってました。聞こえなかったけど。


そして私の番。

係りの女の子「み…緑ですねー^_^;」
って。超想定外なコメントがきた。

f:id:yorunekom:20190211202201j:image


え。緑??
と、ちょっと納得のいかない気持ちが表情に出てしまっていたのか さ最後にボソッと
「髪が…」
と言ってるのが聞こえました。


なんか コメントしにくい絵出しちゃって 申し訳ない気持ちになりました。

f:id:yorunekom:20190211202344j:image

↑私の緑ちゃんが飛んでいる。

 


魚の方はこの大きな水族館に泳がせることができます。

 

フリーパスではなく 30分¥500で入りましたが、
子供達がまだ小さいので30分で丁度良かったです。


ここ絶対大人でも楽しめる。
もし子供達が居なかったら、私きっとフリーパスで来てます。
魚も乗り物も大人気なく真剣に 子供達に混じって描くことだろうと思います。

 

 


ついでにOLD NAVYで息子に服を2枚購入。
可愛くてもっと欲しかったけど我慢。
今月は車のエアコンの修理の必要あってお財布悲鳴あげてますので。


夕食をレストランで食べれる自信がなかったので(息子、お疲れだろう為)、コンビニで夕食と明日の朝食を買ってホテルへ。


やっぱり絶賛人見知り中の息子は 友達に抱いてもらったら泣く。

 

f:id:yorunekom:20190212092411j:image

↑と思ったら凄い笑ってる!!!

f:id:yorunekom:20190212092502j:image
"なに魂"だか知らないけど、カメラを向けると笑う。


息子と娘ちゃんは8時過ぎには寝てくれて、
その上私たちの話し声でも起きず とっても空気を読める子供達でした。


お陰で凄く疲れて眠いにも関わらず 0時まで語りつくしました。


時間が勿体無くて本当は寝たくなかったくらい楽しかったんです。