コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

時間はある。言い訳してないで時間を作る。

息子には小さな頃良く遊んでいたお友達がいます。お母さんはバイト先が一緒だった友人。

お互いハーフの子という事もあり話も合い頻繁に遊んでいたのですが、お互い保育園や幼稚園、そして小学生となってくるとなかなか時間が合わず子どもたちは全然会えていませんでした。(私たちは会ってたけど)

 

だけど急用で会う用事があり、仕事後で子どもたちが帰宅後にお家にお邪魔しました。15時過ぎくらい。

全然遊べるじゃんね!!仕事がある、学校が、幼稚園が、blah blah blah...となかなか会えないね〜なんて言っていたけど、時間は作れるんだよね。

その後の家事育児には追われるけど、会いたい人がいるなら時間を積極的に作りたい。って思った。

 

子どもたちも帰ってきてから家で一緒に遊ぶというイレギュラーな事に楽しそうにしていたし。

 

そして、友人が、"帰ってこれから夕飯の支度大変でしょう?手を抜けるとこは抜いていこう!"と言って、お手製のカレーを持たせてくれたのです。

感動した!嬉しい!そういう心遣い凄く温かい。

 

忙しいと言ってる癖にSNSをボーッと見ていたりさ、してるよね。必要以上に。

ここ半年くらい(?)スマホの調子が悪くなって、LINEの通知は来ないし、メルカリは開かないし、インスタも落ちたりで前よりは無駄なSNS時間が少なくなってはいるけど、それでもまだスマホ中毒。意識して時間を作っていこう。

 

たっぷり遊んで、夕飯にカレーを食べて穏やかな気持ちで眠りにつきました。