コビトスルヒト

お相撲さんが好きな3歳の息子との日々

3歳の誕生日に息子にプレゼントした"秘密基地"

誕生日当日は家族で出掛ける為、前日にささやかながら息子の誕生日の誕生日パーティーをしました。

 

今年のプレゼントのメインは(後日)ディズニーランドデビューがあるので、プレゼントにはあまりお金がかけられません。

 

3歳の誕生日には秘密基地を与えたい。

と、ずっと考えていたのですが、

この狭い部屋の一角にどうやってそのスペースを確保するのか。

ダンボールハウス的な物を作るのか。

この際クローゼットの中にを全部出してそこにしようか。(秘密基地のイメージとしてはそれが1番私のイメージに近かったのですが、小さなクローゼットの中身を全部出すのは無理でした。中に入っている物を置く場がない。)

 

2ヶ月前位からずっと考えていたのですが、

結局テレビの位置をずらし(寝ながらテレビは見にくくなりました…)、小さな小さな部屋を作りました。

f:id:yorunekom:20190104153758j:image

カーテンを付けようと思っているのですが間に合わなかったので、それはまた後日。

 

物産店で秋に¥200で大量に売り出されるリンゴ箱を3段重ねて本棚を作り(ウォルナットのペンキでアンティーク風に仕上げ)、

 

下には毛糸で作ったラグを敷きました。(簡単な作業ですが、めちゃくちゃ肩凝ります。)

f:id:yorunekom:20190104154033j:image

 

机は昨年私が初めて作ったDIY家具で、

やっぱり日曜大工は向いてないと椅子を作らずに終わってしまった為椅子は赤ちゃんの時使っていた椅子を合わせています。 

 

壁はセリアのリメイクシートのレンガを貼ってます。ズレたり足りなかったりしているんですが、

私はその辺気にならないんです。

便利な大雑把なO型。

 

地球儀型のレトロなライトは骨董市で¥500でゲットしました。

f:id:yorunekom:20190104154308j:image

 

 

まだキチンと整理出来ていないので溢れたぬいぐるみや楽器が下に並べられているのと、

下段はかなり詰め込み放題。

f:id:yorunekom:20190104154426j:image

 

私の弟は小さい時、

"作業場"と呼んでいた自分のスペースを作っていまさ。

綺麗な広い部屋ではなく、秘密基地の様な狭い一角です。

弟はそこが大好きで、懐中電灯を垂らしてランプにしたり、おもちゃや本を並べて自分の癒しの空間を作っていたんです。

その感じを息子にも作りたかったんです。

 

広い綺麗なマイホームも憧れますが、

狭けりゃ狭いなりに楽しめるもんです。

私の幼少期がそうであったように。

 

この空間で息子が夢とロマンを膨らませかれれば良いな。

地球儀をくるくるさせて、冒険の計画なんてたてたりしてさ。(ちょっと夢見過ぎ?)