コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

惑星に興味を持ち始めた息子◆3歳児

"どうして朝は明るくて、夜は明るいの?"

いつだったか息子が私に質問してきました。

 

私はボールを両手に持ち、片方が太陽、もう一方を月と見立て、息子の顔の周りでクルクルさせ、

太陽がこんにちはと顔を出せば朝

太陽がバイバイと同時に月がこんにちはで夜

なんていう様に、簡単にざっくりとした説明をしていました。

 

しばらくすると今度は地球儀に興味を持ち始めたので、私たちが住んでいるところはここ(日本)で、アメリカはここ、友達の住んでいるオーストラリアがここで、私の弟が行くフィリピンはここ。と説明。

 

地球に興味を持つ様になり、地球のイラストを見つける度に自分がどこに住んでいるのか聞いてくる様になりました。

 

そして最近、前にマクドナルドのハッピーセットで貰ったこの宇宙というミニ図鑑を引っ張り出してきて1人で真剣に見るようになりました。

f:id:yorunekom:20190823132918j:image

貰った当時、息子が興味を持つように読んで聞かせたのですが全く興味を持たず、そのまま本棚に眠っていたのです。

 

この図鑑シリーズは軽くて薄くて子どもに丁度良いサイズ感と内容。

 

太陽に対しての地球の小ささだったり、

惑星の色や柄の綺麗さだったり、

月の中は空洞になっていることや、

天王星がおならの臭いだったりという事を知っていく度にどんどん興味を持ち始め、

寝起きに突然

「ママ〜 お月様はさ…地球のさ〜…どこにいるの?」

なんていうもんだから、こんな物を作りました。

f:id:yorunekom:20190823134324j:image

そして作ってみたは良いものの、

あれ?月のポジションがわからない…

 

私全く宇宙や惑星に興味を持ってこなかったし、学校でも右から左に聞き流していた為さっぱり知識がなかったんですよね…お恥ずかしながら…。

 

大慌てで調べましたよね、月のポジション!

 

そして、地球は回転しながら太陽の周りを回り、

月は地球の周りを約1ヶ月かけて回っている

と知りました。

 

なるほどね!

仕組みが分かればもっと正確に息子に教えることができる!

 

なんだか学校に行っていたあの頃よりも、

息子によって学習させられる事が本当に多く感じます。

 

 

ところで先程部屋を掃除していたら、小さな丸い紙切れが落ちていたので拾ってみると、私が描いたでした。

 

"月が落ちている"

 

なんだか縁起が悪いなぁ…

 

 

霊感の話◆3歳児

私は幽霊や心霊現象、おばけ...etc という物を信じていません。

自分に霊感がない為、話しを聞くだけでは信じることがなかなかできない私の捻くれ体質がそうさせているのかもしれません。

 

疲れた身体や脳が、過去に何かで得た情報や見た情報やトラウマで作り上げているんじゃないの?と思ってしまうんです。

霊感のある方すみません。

否定はしませんが、どうしても信じる事が出来ないのです。

 

心霊写真は全く怖くありませんが、

ホラー映画は怖いです。嫌いです。

子どもの頃見てしまったものはありますが、自分で映画をチョイスする様になってからは全く見ていません。

その場で驚き心臓に悪いだけではなく、しばらくはその映像にビビり、ただただ怖くなるだけなのに何でみんなお金払ってわざわざ見るの?!と思う派です。

 

そんな前提があってのお話なのですが、

全く幽霊を信じていない大人の私でさえ、ホラー映画や怖い話は怖いので、息子におばけで脅かしたことは一度もないし(○○しないとおばけが来るよ〜とか)、おばけや妖怪の歌や絵本があっても怖いものという情報にならないように話していたんです。

 

それなのに!!!

この3日間、息子が異常におばけの存在を怖がるんです。。。

暗くなったら1人で別の部屋に移動は出来ないどころか、少し廊下に出るのも怖がり、怖いからママも一緒に来て!というところから始まり、

昨日はまだ明るい時間だというのに1人で手を洗いに行くのも怖がる。

 

夜は怖いからギューってして寝たい。と言い、

暑苦しいくらいにギューっと思い切り抱きしめて就寝。

寝入った頃にソロリと離れているのですが、

突然目を覚ましママ!怖いからギューってして寝る!の繰り返し。

それに、エアコンを切った中でも毛布を顔にかけたりして。。。

 

精神的に不安定でくっついていたいのかなとも思ったのですが、おばけが怖い!としっかり言うんです。

"おばけは怖いものじゃないよ"と、おばけなんてないさの歌を歌ったりしてみたのですが、

『おばけはいるんだよ』と。

 

そこでふと思い出したのが、知り合いの子の事でした。

お姉ちゃんと弟の2人兄弟で、そのお姉ちゃんがかなり霊感があるとのことだったのです。

毎夜毎夜幽霊が部屋を叩いて入ってきて、別れた彼の話を朝まで泣きながらしてくるとのこと。

女の子は当時小学1年生だったので、そんな話には全く興味がなかったのですが、寝かせて貰えず寝不足になり登校拒否になってしまったとのこと。

トンネルは全て拒否するため、車での旅行も厳しいし、飛び降り自殺があったビルの前では"絶対ここは通りたくないと言ってた拒否"(お母さんがビルの管理の人に確認して飛び降り自殺があった事を知った)

守護霊も見える為、車に乗っている時は倍の人数が車に乗っている感覚で、狭くて疲れてしまうんだそう。

 

心霊現象を信じていない私にとっては、これが本当に霊感なのか、それともやはり脳で作り上げているなかはわからないですが、どっちにしても、本人や周りの人にとってみたらかなりキツイ状況なわけで。

 

もし息子に霊感があったらどう対処するべきなんだろう。。。

と考えてしまいます。

"今が丁度お盆中"というのがまた私をガクガクブルブルさせています。

 

 

 

 

YouTuberが息子に与えた良い影響

3歳児がYouTubeを見ることへの賛否両論はあると思いますが、息子はTVは全くと言って良いほど見ず(おかあさんといっしょも最近あまり見なくなりました)、ヒカキンやはじめしゃちょー、フィッシャーズといったYouTuberを好んで見ています。

 

今のところ悪い影響を受けていると感じることはあまりなくて(映像を見ることへの脳への刺激とか目に悪いとかの意味ではなく、真似して良くないことをやってしまうということ)、寧ろお陰で良い刺激になってるなと感じることはあります。

 

その1つが、フィッシャーズというYouTuber。

彼らが"フィッシャーズパーク"という屋内型のスポーツアミューズメントパークというものを現在オープンしていています。

 

このアミューズメントパークは「全身のパワー」「スピード」「バランス」「持久力」「頭脳」「運動能力」を駆使して楽しむことが出来ます。との事。

 

メンバーのシルクロードさんとヒカキンがアスレチックに挑戦していく動画が大好きな息子なんですが、

先日、初めて行った大きなアスレチックでのこと。

f:id:yorunekom:20190812192340j:image

 

いつもなら出来ない出来ない!と私の手を求める息子が、シルクロードになりきって、

f:id:yorunekom:20190812192444j:image
f:id:yorunekom:20190812192438j:image
f:id:yorunekom:20190812192449j:image

ガンガン挑戦していきました。

 

子どもの頃、私は"来来キョンシーズ"というテレビ番組の"テンテン"という可愛く気の強い女の子に憧れていて、キョンシーごっこを何度でも何時間でも、友達とでも1人ででも繰り返して、台詞も完璧に演じていたのを覚えています。

完全に自分はテンテン!となりきっていたんです。

 

息子が何度も何度もアスレチックに挑戦し、シルクロードが言う事を真似して言っていたり、ジャンプの仕方や走り方を見ていると、

もう完全にシルクロードになりきっているんだろうな。って。

 

運動神経はあまり期待していなかったので、その姿が微笑ましくて"ありがとうシルクロード!(とヒカキン)"と思いながら光る汗と輝く瞳で挑む姿を見守っていました。

 

"憧れの大人"がいることって大事だなと思いました。

 

3歳児検診

先日、3歳児検診がありました。既にもう3歳半ですが。

 

www.kobitosuruhito.net

 

5月には謎の高熱が続いた事で血液検査や尿検査、レントゲン、それに尿路感染症ではないか実際にち○ちんを見てもらったり中耳炎の為耳を見てもらったり、先日の目にはさみの件があり眼科で目を見てもらったりしていたので、

今回の3歳児健診では特に何も心配する部分はありませんでした。

 

前回の集団健診は1歳半の時。

あの時息子は人見知り場所見知り絶頂期で、会場にいる誰よりもワンワンギャンギャン泣いていたし、歯磨き指導なんて指導員の方の声がさっぱり聞こえなかったし、身長も体重も暴れ回るので"だいたいこんなもんでしょう"という数字を書かれたり、いや本当に大変だったんです。

正直、何かの発達障害を言われる事も覚悟した時期もありました。

 

そんな息子の現在はというと、2歳までに"人見知り場所見知り"というものを全力を尽くして発揮したせいか、全く人見知りしませんね。

言葉も早かったので、今では話しかけてもらえるとペラペラ余計な事まで話してくれちゃってます。

 

お陰で、3歳児検診の楽さったらなかったです。

それぞれの先生の元に積極的に行き、質問に答え、指示通りに動く。

私いなくても大丈夫なんじゃない?と思ったほどです。

息子の成長ぶりには涙がちょちょぎれそうになります。

 

ただ!

身体能力も今が成長時なのか、動きたくてしょうがない様子。落ち着きがなくて大変でした。

大変でしたけど、前は私から一切離れず抱っこばかりで、活発に動き回る男の子を見ては元気で良い!と思っていたので、"あー大変!"なんて思いながらの心の裏側では"私、男の子を育ててるなぁ♫"なんて気分にもなっていました。変ですかね。

 

3歳児健診の問診票(?)に、質問に答えたり気になる事を書いたりするのですが、

走り方がおかしい

というような項目があり、悩んだ末に丸をするのを忘れて提出してしまいました。

全部答えているのにここだけ空白って事は悩んだことがあからさま。

勿論質問されました。

 

息子は走る時に肩が上がるんです。

アメトークで"運動できない芸人"というのがあったのですが、その時のメイン芸人フルーツポンチの村上。彼の走り方にもうそっくり!!!(運動神経期待できませんね)

という事で、うーん…おかしいわけではないけど、気になる…って事で丸をするのを悩んでしまったわけです。

 

そこで先生に「ちょっと走ってみて」と言われた時の息子の嬉しそうな顔ったらない。

え?!ここで?!走って良いの?!

みたいな。嬉しそうに二往復くらい走らせてもらい、背骨などもチェックしてもらい、

ただ走る時に肩に力が入る癖があるみたい。

 

歯医者さんは午前中に行った歯医者の先生だったので、軽くチェックをしてもらうのみ。

歯磨き指導は唇の怪我の為お話を聞くのみ。

 

元気に育ってくれていることにただただ感謝するのみですね。

ということで3歳児検診も無事に終わりました。

3歳児の怪我・今度は唇を切りました…

先日、3歳児検診がありました。

私の地域では4ヶ月の誕生日毎に行われており(息子は1月生まれなのですが、1月〜4月までの子をまとめて行われている)、もうすぐ3歳7ヶ月と、

3歳になってからかなり時間がたっての検診でした。

(あまりに連絡がこないので役所に問い合わせ8月と言われた時は耳を疑いました)

 

3歳児検診では、聴力・視力の欄もあるのですが、

会場で行うのではなく、事前に家で行います。

 

視力は、送付されていたCのカードを使って、

約1m離れた所で息子に見せ、右左上下を言ってもらいます。

 

全部見えていたことより、私が伝えたゲームのルール(視力検査のやり方)を直ぐに理解でき、

『みぎ!ひだり!」と言えている事の方がなんだか安心驚きポイントでした。

右左って私は"箸は右だから…右!!"とか考えて言っていた記憶があるので、パッパッと答える姿には驚きました。

 

続いて、聴覚を調べるゲーム。

色々な絵が描かれている絵を息子に渡し、

私は口元を手で隠して小さな声で絵の単語を言います。そして、なんて言ったかをカードから選んでもらうわけです。

 

このゲームが息子は気に入り、カードとは関係なしに色々言って遊んでいました。

息子が口を隠して何か言って、私達が答えたり。

とにかく嬉しそうに楽しそうにやっていたわけです。

 

すると、『ちょっとまって!!』と言って走り出したと思ったら、置いてあった本を踏み、バナナの皮を踏んだように思いっきりすってんころりん!!

その拍子に机の角に思いっきり顎をぶつけ大泣き!

 

唇に歯が当たったようで、内側に三箇所穴が開いていて(歯が当たった場所。キョンシーに噛まれたかの様な感じになっていた)、血がダラダラ垂れていました。

 

せっかく楽しく遊んでいたのにトホホです。

 

血は割と早く止まりましたが、顔の怪我って血液の循環が良い為だったか血が沢山出やすいんだそう。特に唇は小さな怪我でも沢山出やすい。

その上、唾液と混ざるから実際よりも大量に出ている様に感じるのだとか。(病院に電話して言われました)

パックリと大きく切れてしまっている場合や、止血がなかなかしない時は直ぐに病院へ行く必要があるけど、そうでなければ様子見で大丈夫でしょう。

との事でした。

 

夜はアイスノンで冷やしながら寝ました。

 

最近、身体の成長の時期なのか、凄く身体を動かして遊びたがります。

とにかく走りたくてたまらない様子だし、

ジャンプしたい。アスレチックではどんどん挑戦したい!という感じ。

"やりたがる時が成長時"だと思うので沢山やらせてあげようと思うのですが、怪我する事も多くなりました。

大事故に繋がらないように今まで以上にしっかり見ていないといけないなと思う日々です。

 

 

次の日、唇が腫れていたので、念の為朝一で口腔外科に連れて行きました。

歯医者さんです。

幸いな事に穴は深くないし、これなら自然治癒で大丈夫と言われ、あれから約3日後には治癒しています。子どもの治癒力の高さ!

 

 

 

 

ねるねるねるねの醤油味を作って食べた結果

 

息子はお菓子をあまり食べません。(と言うか、食全般的に…)

 

チョコレートは不味いと言って全く食べないし、

クッキーや煎餅やグミやキャンディーも少し食べたら"もういらない!"と直ぐに飽きます。

(果物は大好きなので、おやつはお菓子より果物の方が喜ぶ)

 

そんな息子がスーパーに行く度に欲しがるものが1つあります。

それが…

ねるねるねるね!!

f:id:yorunekom:20190730204225j:image

the ケミカル代表!みたいなこのお菓子です。

 

色が凄いので合成着色剤使いまくりの様なイメージですが、実はねるねるねるねって合成着色剤を一切使っていないんですよ!

 

YouTubeで"はじめしゃちょー"というyoutuberが、

ねるねるねるねを水以外のもので作ってみる!

という実験をしていて、それを見た息子が見事に影響を受けたってわけです。

 

食べたい〈 実験したい

毎度毎度ねるねるねるねを欲しがるので、もっと色んなお菓子を試してみたら?と思うのですが、

もしかして将来科学者になる事を夢見る第一歩になるかもしれないし、まぁ良いか。と。

私もねるねるねるねが好きなので、半分くらいは私が食べてます。

 

そして毎回色々な飲み物で作っています。

水、麦茶、烏龍茶、緑茶、あったかいお茶(まずすぎ)、牛乳、カルピス、お茶漬け(まずすぎ)、オレンジジュース、りんごジュース、メロンジュース、いちごみるく、バナナミルク、豆乳、ヤクルト、子どものビール、コーラ、三ツ矢サイダー、リプトン…etc

 

コーラとかリプトンとか三ツ矢サイダーとか、飲ませるのにはまだ早いだろという飲み物もありますが、小さいカップ一杯なので良いかなと。

 

ちなみに、絶対やらないだろうとは思いますが、

暖かい飲み物で作ると不味すぎるのでお気を付けください。

 

そんなねるねるねるね実験にハマっている息子ですが、毎度毎度、

『醤油で作りたい!』

と言うんです。

 

醤油で作るなんて駄目。

不味くて食べられなくなっちゃうよ?

不味くて喉が痛くなっちゃうよ!

と言ってやらせていませんでした。

 

だけど、毎回"醤油で作りたい"って言うんです。

 

私がいくら"不味くなる" "食べれなくなる"

と教えても、納得いってないんでしょうね。

だって、醤油味のラーメンは美味しいし、醤油味のハンバーグだって美味しいんだから。

 

これは1度体験させて不味さを味わうしかない!

と思いまして…

それこそが実験!!と思いまして…

先日、ねるねるねるねを醤油で作ってみました。

f:id:yorunekom:20190730211546j:image

感想は…

くっそ不味い!!

分かっていたんですけどね。

 

息子も一口食べて、その不味さを学び、

以来二度と"醤油で作る"と言わなくなりました。

これこそが実験…という事で…

 

 

 

 

イギリスでの子どもとテディベアの関係性

私は昔の古い写真を見るのが凄く好きなんです。

f:id:yorunekom:20190729144649j:image

こういう写真です。

 

この手の写真を見るとテディベアと一緒に写っていることが凄く多いので、どうしてだろうと今回調べてみました。

 

そして分かったことなんですが、

イギリスでは昔、男の子が産まれるとテディベアをプレゼントしたそうです。

(のちに男女共に、産まれたらテディベアをプレゼントしたそう)

 

ちなみに"テディ"というのはクマのことだけではなく"ぬいぐるみ"の事をいうんだそうです。

 

そして家族の様に一緒に育っていくんだそう。

 

てことは、子ども➕ぬいぐるみの写真って、

可愛い写真映えを狙ったわけではなく(それもあるだろうけど)、

家族写真の様なものなんですね!

 

小さな時からテディベアを家族の様に可愛がり世話をすることで、自分よりも小さなものへの優しさを育むことにもなりそうです。

 

日本でも最近では男女の固定観念(女の子は赤!ピンク!ぬいぐるみ!男の子は青!緑!電車!という感じの)は薄くなってきている様に思いますが、

まだまだ、ぬいぐるみ=女の子 のイメージは強いと思います。

特に10代の男の子がぬいぐるみと寝ている。となると、"女子か!"ってなりますよね?

 

ですが、イギリスでは小さな頃から男女共にテディベアを可愛がる文化があり、

幼稚園などには一緒に登園したり、

一緒にピクニックをしたり(先日見た"グッバイクリストファーロビン"の映画でもクリストファーロビンはプーさんを始め色んなぬいぐるみとピクニックしていました!)、

共に育つんだそうです。

 

さすがに社会人になったりすると、戸棚にしまわれてしまうことも多い様ですが、それでも大事にとっておくことが多いんだとか。

(大人になっても一緒に過ごす人も)

 

なんか良いなぁと思ったので今回記事にしてみました。

 

そういえば数年前、イギリスのワーキングホリデーから帰国した友人が、ホームステイ先のママに息子が日本に留学しているから渡して欲しいとぬいぐるみを託された話を聞きました。

それもクタクタのぬいぐるみを。

 

私はその話を聞いた時、なんでわざわざ?と。

もっと他に渡して欲しい物はなかったのか?と思ったんですけど、この文化を知っていたら直ぐに納得できたでしょうね。

 

息子も三匹のクマ(なんだか絵本のタイトルの様ですが)を大事にしています。

年頃になって「いらねー!」なんて言い出す事になるかもしれない。

その時は私が息子の家族であり相棒であるクマ達を可愛がっておくので、これからずっとこのぬいぐるみを大事にしていきたい。

 f:id:yorunekom:20190729172508p:image
f:id:yorunekom:20190729172648p:image
f:id:yorunekom:20190729172544p:image