コビトスルヒト

2歳のコビトが生息しています

3歳息子との初ディズニーランド 回り方と長〜い日記

f:id:yorunekom:20190117183018p:image

(息子この日1番の至福の時間)

 

遂に息子ディズニーデビューを果たしたので記録します。

忘れないうちに全てブログに残したいんですが、

気持ちとは裏腹に脱力でちっとも筆(指)が進まない。

色々な出来事がありすぎて、既に思い出せない事が多々…

 

この日は閑散期という事で10時開園19時閉園というスケジュールでした。

高速バスの関係で到着は9時半だし、17時くらいで引き上げようと思っていたので問題ないでしょという感じでした。

 

オープンしてコインロッカーに荷物を預けたら遂にイン!!!

 

ワールドバザールを抜けるとそこにはウォルトディズニーの銅像があります。

通常ならここでまず写真を撮りますが、

息子は銅像と写真を撮っても面白くないだろうし今回は飛ばそう。と、思ったその時に、

「あ!!!ウォルトディズニーさんだ!!!」

と。

これには本当に驚いたんですが、

人気YouTuberヒカキンがアメリカのディズニーランドに行く動画で得た知識の様です。

 

子どもに大人気のヒカキン。

息子もヒカキンが大好きです。

"商品紹介をしているこの人が何故そんなに人気があるのか"謎でしょうがなかったのですが、一緒に見てみるとこれが面白い!(のもある)

 

今回のディズニーランドでは、このヒカキンがアメリカのディズニーランドに行くという動画で予習していたお陰で息子の中で3倍は増して楽しくなっていたように思います。

 

そんなわけでウォルトディズニーさん銅像との写真も喜んで撮ってました。

 

バースデーシールと迷子シール(名前や連絡先を書いて上からシールを被せて貼ってあるもの)を貰って準備オッケー!(バースデーシールは貼っておくと色んな方におめでとう!とお祝いしてもらえます。誕生日当日じゃなくてもいつでも貰えます。)

 

そして回った順番はこんな感じです。

  

合計

ハピエストサプライズ

ファストパス2枚(1枚はハピエストサプライズ)

アトラクション 10回

ミートミッキー 

という感じでした。

 

 

 

長くなりそうですがここからは日記です。

 

初めにプーさんのハニーハントのファストパスを取るために10分位並びました。

そして13:30〜14:30(だったかな?)のファストパスをゲット。

 

続いてミートミッキー に行く予定でした。

ミートミッキー は常に60分待ち以上ですが朝一に行けば比較的に空いてる。との情報をネットで見たからです。

 

が!沢山のアトラクションを見て早く乗り物に乗りたくてたまらない息子。早く乗り物に乗りたい!乗りたい!と腕を引っ張ります。

その息子を連れてただのファストパス(息子にとっては)に10分並び更にこれから40〜50分並ぶというのは息子は楽しくない(楽しくない状態でミッキーに会わせるのも違うかなと思って)&朝一で私も疲れてしまう。(なだめ続けるのは結構疲れる)ので諦めました。

乗りたいものに乗らせよう!(息子が乗りたいものは待ち時間短いもの多め)

 

そして向かったのが

イッツァスモールワールド

待ち時間15分

いやぁーもう15分の待ち時間でも大変でした。

大人にとってはチョチョイのチョイな15分も、子どもにとってはやっぱり長い!んです。

早く乗りたい!と人をすり抜けて前に行こうとするし、早く!と駄々をこね始める。先行き不安になりながら遂に乗船。

息子初めてのアトラクションはイッツァスモールでした!

可愛いし楽しい。リニューアルされて人形の中にディズニーのキャラクターが40体(?)いるらしく私もキョロキョロしながら楽しみました。

 

次!

ポップコーン購入。

これもヒカキンが食べているのを見て絶対食べたい!と意気込んでいたもの。

結果、おいしくないだって…

子どもっていう生き物は本当に自由で素直で…

私がポリポリ食べました。

 

トゥーンタウンへ移動。

この時ミートミッキー の待ち時間は80分でした。

ひぇー!無理。

 

ジェットコースターに乗りたいと言うので

ガジェットのゴーコースター

待ち時間10分

身長制限の90cmもギリギリクリアして腕に青いリストバンドを付けてもらいました。

ジェットコースターはちょっと怖かったみたいで降りた時は

「ヤッベー!これヤベ!」と。

これもヒカキンの真似。口調もかなりヒカキンに影響されてます。

 

次のアトラクションに向かう途中、ミートミッキー の時間が40分となっていたのでこれはチャンス!と並んだのですが、やっぱり息子は並ぶより乗り物に乗りたいみたいで、

並びたくない!ミッキーマウスにあいたくない!!!と言い出したので、これは無理に並ぶのは違うなと思って再び諦めました。

今回は別にミッキーマウスに会わなくてもいいか!と。(2度目の諦め)

 

続いてはキッズに大人気

アリスのティーパーティー

待ち時間5分。

私も子どもの頃は大好きでしたが、大人になって乗ったとき友人が思いっきり回しまくり暫く吐き気と戦う羽目にあってから苦手になりました。

ですがまだハンドルが重くて勢いよく回せない息子だったので余裕!

アリスのティーパーティーはアンバースデーパーティー(誕生日じゃない日おめでとう!)ですが、誕生日だと言うことを伝えると初めのアナウンスで名前を言ってくれます。

キャストさんに誕生日だと伝えたら、"まかせて!"と親指を立ててウインクをしてくれた(実際してなかったかもしれないですが、そんな感じのイメージのポーズ)のですが、当の息子、アナウンス全然聞いてない。

子どもっていう生き物は本当に自由で素直で…(2回目)

ティーパーティー息子は大満足。

 

次!

キャッスルカルーセル

メリーゴーランドですね。待ち時間は10分くらいだったかな?

1番外側の大きなお馬に乗りました。

これはもう分かっていたことですが楽しんでました。

 

次!

カントリーベアシアター

私が1番好きなところ。

f:id:yorunekom:20190117183333j:image

可愛い。

 

シアターの外も中も素敵すぎて見ているだけでも楽しく作品作りのインスピレーションにも最高!…ですがそんなものじっくり見させてくれるわけはなく、早く早くと席に着かされました。

f:id:yorunekom:20190117183408j:image

可愛い。

 

歩きながらに撮った写真。

f:id:yorunekom:20190117183307j:image
f:id:yorunekom:20190117183318j:image
f:id:yorunekom:20190117183323j:image
f:id:yorunekom:20190117183302j:image
f:id:yorunekom:20190117183312j:image

可愛い。

 

f:id:yorunekom:20190117183556j:image

可愛い。

 

外に出て突然歌い出すアイアイアイア〜〜♫というインディアン的な歌。

走って向かった先にあるのは

f:id:yorunekom:20190117213154p:image

これもヒカキンの真似して歌ったらしいです、写真のポーズも。

 

出た所にあるお店に入ると直ぐにこのぬいぐるみの元へ行き、これがほしい!!!と。

カントリーベアシアターに出てくるクマ。

f:id:yorunekom:20190117183709j:image

誕生日プレゼントと、この日の思い出に1つだけ何か買ってあげるつもりでいましたが、まだ何も店を見ていない状態。

これからミッキーやプーさんなど息子の好きなキャラクターも沢山見るので全部見てから決めよう!と言ったんですが抱きしめて話さない。

4200円の大きいサイズの物だったので、もう少し小さいサイズも進めてみたのですが絶対にこの子が良いんだそうで、これに決定しました。

 

結果、この日他に欲しがる事はなく、他の店でぬいぐるみを見ても気持ちは揺るがなくずっとビューラと手を繋いで1日を過ごしました。

このクマちゃん、サンボネッツのビューラ(多分)と言うらしいです。

 

可愛い可愛いビューラを抱きしめながら歩くとターキーレッグ発見!!

ターキーレッグ購入

これは絶対食べる予定のものでした。(また)

なぜならヒカキンが食べていたから。とほほ

f:id:yorunekom:20190117185259p:image

ターキーレッグを購入すると時間はファストパスで取ったプーさんのハニーハントの時間。

この時間になると次のファストパス(スプラッシュマウンテン)が発券できるので急いでその場所に行ってターキーレッグを食べながら並ぼうという考えでいました。

とにかく早くスプラッシュマウンテンの場所に向かいたかったのでキャストさんに場所を聞いたらまさかの

ハピエストサプライズを受けました!!!

この話はまた別のブログに書くのでここでは飛ばします。

 

ベンチに座ってターキーレッグを食す

ハピエストサプライズでファストパスを頂いた為に、急ぐ必要が無くなったのでベンチでゆっくりビューラとターキーレッグを食べれました。

この時間が息子もとても幸せそうでした。

f:id:yorunekom:20190117185144p:image

時間と言うものはお金では買えないので、

そんなプレゼントをくれたキャストさんに感謝でいっぱい。

 

次!

プーさんのハニーハント

息子はプーさんが好きなので喜ぶと思ったんですが反応は微妙。

 

35周年セレブレーションパレード、ドリーミング アップ

この時はミートミッキー が少し空くというので(まだ諦めきれてない)行こうとしたのですが、見事にパレードにはまってしまい道を渡れなかったので諦めて(ミートミッキー 3度目の諦め)パレードを見ました。

が、その間も息子はアトラクションに乗りたくてしょうがない。

キャラクターが来るとあ!!!ミニーだー!!!なんて喜ぶのですが、

直ぐに、もういい!いく!と。

 

なので

スプラッシュマウンテン

に向かいました。

ハピエストサプライズで頂いたファストパスを使って。

息子はジッパディドゥーダーの歌が好きなので大喜び。からの、落ちる部分では怖がる。

感想を聞くと、

「さっきのジェットコースター(ガジェットのゴーコースター)よりももっとビビった!」だそうです。

ですが最終的に何が1番楽しかったかを聞くとスプラッシュマウンテンだと言います。

ハニーハントに関しては乗ったことも覚えてない…チーン。

 

ミートミッキー

このタイミングで「ねむくなってきちゃった」と言うので、ベビーカーで寝て、その間に私がミートミッキー に並ぶのはどうかと提案すると(まだ諦めきれてない)そうする!と同意を得たので遂にミートミッキーに並ぶ!

スマホの充電が少なくなってしまっていた為暇つぶしもなく瞑想したり妄想したりして過ごす。

待ち時間約40分。でもあまり長く感じませんでした。楽しみ過ぎてでしょうか。

ミートミッキー も最高で爆笑の時間でした!

この話も別に書くので端折ります。

 

ミッキーとの写真を購入しに行く

早速写真を購入しに向かい迷いなく購入しました。

ミッキーマウスとの時間が楽し過ぎたので凄くお気に入り。写りとかはこの際どうでも良いんです。

その足でお土産をチラッと見て回る。

購入して出ようとした瞬間に

ぱ〜〜〜ん!!!!!!

プロジェクションマッピング

グランドフィナーレバージョンのプロジェクションマッピングというものみたいです。

パーン!という音と共に大量のビニールテープ(?)が降ってきました!

セレブレーション感があって感動!!!

そのあとそのビニールテープ集めをする子供たち。(大人も)

息子も拾いました。

f:id:yorunekom:20190117214512j:image

後日必ずゴミになるであろうこれも、あの場で見ると金銀財宝に見えるマジック。

 

ここでホテルに戻ろうと思ったのですが、息子の希望によりこの後立て続けに

 

ウエスタンリバー鉄道

ジャングルクルーズ

イッツァスモールワールド(2回目)

に乗りました。

全て5分待ち。

ウエスタンリバーもジャングルクルーズも暗くてなにも見えない。息子には怖いんじゃないかと思ったんですが、楽しかったみたいです。強いな。私は小さい頃暗い場所が怖くてしょうがなかったのに。

 

寒くなってきたので乗っている間は息子と一緒にブランケットに包まっていました。

その間私は何度も『産まれてくれてありがとう』と伝えていました。

暗くてあまり周りが見えなかったので列車に揺られながら今日1日の事を考えていたら楽し過ぎて幸せ過ぎて涙が出そうになってしまった上に夜とこの雰囲気が人をロマンティックな気分にさせる。

ディズニーマジック。

 

最後のショー、

セレブレイト

の頃にはもう息子もクタクタで眠りそうだったのでベビーカーを押しながら出口に向かいながら見ました。

花火も上がりとても綺麗でした!

 

後半ブログも段々手抜きになってきちゃいましたが、初めから最後までミラクル続きでとても良い思い出になりました。

セレブレーションと言うことで凄く盛り上がっていましたが、ディズニーランドって本当にいつ来ても感動させてくれて、キャストさんたちの対応を含め凄く幸せな気分にさせてくれるし、7400円が安く感じるほどの満足感。

作品作りのインスピレーションとヤル気!

最高の思い出!!!

ここは間違いなく夢の国。

 

5000字超えの長編ブログになってしまいました。

ここまで読んでくれた方はいるのでしょうか?

こんなに書いたくせにまだ書き足りていませんのでしばらくディズニーブログが続くと思います。

 

嗚呼、楽しかったです。。。。。

余韻に浸ってます。。。。。

 

ちなみに…満足しすぎて幸せ気分に浸りながらポーッと退園し、しばらくして気がついたんですが…

f:id:yorunekom:20190117220119j:image

ロッカーに荷物を入れっぱなしで来ちゃったんです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歳息子と初ディズニーランドの予算一覧

f:id:yorunekom:20190115180437j:image

今回の予算を立ててみました。

 

*ホテル  10,000円

*ディズニーランドチケット  7,400円

*パーク内のお小遣い  10,000円

*ショーレストラン  4,000円

*レンタルベビーカー  1,000円

*高速バス 往復  3,000円

*2日目 イクスピアリでランチ  3,000円

———————————————————

合計   38,400円

 

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、

今までの私のディズニーランド予算からしたらくらいの予算です。

ディズニーランドに行ってホテルに泊まってくる…ということがまずなので、そこでプラス1万。

(予算10,000円でしたがディズニーランドから少し離れてしまっていますが8,300円で予約済み。安い!)

 

ショーレストランの予算4,000円をセットしましたが、

リロのルアウ &ファンが全席満席。

2度ほどキャンセルが出たので予約しようとしましたが間に合わず玉砕。

キャンセル確認をしている毎日を過ごす間に

"ショーレストランで使う時間とお金を別の事に費やした方がきっと良い!"

というプラス思考が働きもう諦めてます。

(と言いつつ、今また空きの確認をしたら1枠空きが!急いで予約したもののまた取れなかった。)

 

ランド内での予算を10,000円に設定していますが、

この中には息子への誕生日プレゼント代も含まれてます。

私ディズニーランドに行ってもほぼ買い物はしないし(買っても1つくらい)、ご飯も1色どこかで食べる程度なので、私1人なら3,000円でいけるところを今回は10,000円。

 

レンタルベビーカーも予算に入れましたが持っていくかもしれません。迷い中。

 

こんな感じで

トータル 40,000円以内!!!

という予算で楽しんできます。

 

3歳息子と初ディズニーランド‼︎ "ライドリスト"

3歳息子とのバースデーディズニーのプランと予算を立てました。

 

今回ディズニーランドの事を調査するのに参考にしたガイド本はこれです。

f:id:yorunekom:20190114214133j:image

ガイド本の感想から言うと

買って良かった!!! 

回数にするともう50回以上はディズニーランドに行っていると思うのですが知らなかった事が山盛り!

定番の事でも、ファストパスがあるとかどんなショーがあるかとかが一目で分かるのは便利だし、

トイレがどこにあって個数はどれくらいかとかベビールームの事とかの一覧も便利。

 

アトラクションは本で目星を付けて、

公式のホームページで動画で確認し、

息子が楽しめるかどうかをチェックしました。

 

息子が産まれる前までは幼少の頃は頻繁に行っていたし、

大人になってからは1年に1度位のペースではディズニーに行っていたのですが、

ガイドブックを買ったのは初めてです。

こんなに気合いを入れているのも初めて。

 

いつも大体10時から11時頃に着けば良いよね位のゆるい気持ちで向かい、

乗るものも食べるものもその時の気分と混み具合で決めてました。

待ち時間60分とか90分なら当たり前に並んでいたし、混み過ぎて並ぶのが面倒ならブラブラとパーク内を歩いたり写真を撮るだけ。

 

ですが今回はそうもいかない。

3歳児の反抗期真っ盛りの息子がいるので。

そしてなんと言っても息子がメインなので。

 

どんな乗り物なら乗れるか。(身長90cm以上100cm以下)

ファストパスの取り方。(今まではほぼ使ってこなかった)

レストランショーのこと(未経験)や予約必須なレストランの事。

パレードのこと。(ライド派だったのでパレードは真剣に見たことなし。その時間は乗り物の待ち時間が減るのでこの時とばかりに乗りまくっていました)

 

本を読んだり、"3歳児の効率的な回り方"なんてブログを見て研究しているうちに、

気持ちが焦る。

計画を立てるのは好きですが、あれもこれもと情報を得れば得るほど焦る。

 

ですが、きっと楽しかったものは「もう一回乗る!!!」とか言い出すだろうし、

着ぐるみ大好きな息子なのでキャラクター達に遭遇したらなかなか動かなくなるでしょう。

お店に入ったらあれ買う!これ買う!と買う買う攻撃で動かなくなる可能性もあり。(最近このせいで買い物が大変)買ってもらえず駄々こねる可能性もあり。

結局のところ行ってみなくちゃどうなるか分からない。

なので"乗りたいもの"だけを前もって決めて、

後は流れに任せます。

 

乗りたいものリスト

□プーさんのハニーハント

□イッツ・ア・スモールワールド

□カントリーベアシアター

□チキルーム

□ジャングルクルーズ

□ピーターパン

□キャッスルカルーセル

□アリスのティーパーティ

□ウエスタンリバー鉄道

□スプラッシュマウンテン

 

□ミートミッキー

□ペニーアーケード

 

絶叫大好物な私ですが、ビッグサンダーマウンテンやスペースマウンテンは親指咥えながら我慢します。

 

そしてカリブの海賊白雪姫ホーンテッドマンション、ピノキオ辺りは迷っているのですが、

最近息子がやたらオバケと暗い場所を怖がるので、トラウマを避けるためにも今回は止めておこうかなと思っています。

私がまさにそのトラウマだったので。

小さい頃カリブの海賊や白雪姫が怖くて怖くてディズニーランドは夢の国ではなく怖い所になってました。(もちろん他は楽しいんですが怖いが上回った)

なので20歳を過ぎるまで行きたいと思うこともなくなっていたしむしろ行きたくなかった。

20歳を過ぎてからは夢の国ヒャッホーイ化。

 

後はバースデーステッカー、first visitステッカー、迷子ステッカーを忘れずに貰うこと。

ミッキーへの手紙を持っていくこと!

ミッキーへ物のプレゼントは受け取ってもらえないようですが、手紙は受け取ってくれるのだそうで。

持って行きますよー。

だって息子はミッキーマウスに会うためにディズニーランドに行くんですから。

 

長くなったので"旅の予算"はまた次にまとめます。

 

 

乳児期回想記②③ 2m25d 両手が出会った 2m26d インドからのロシア

2016年3月29日

 

少し前に気が付いたんです。

息子が最近、ブルースリーの様な表情をしている事に。
f:id:yorunekom:20190112112625j:image
↑こんな感じ。


そうです。
ハンドリガードってやつです。
しかもこの写真の様に右手のみ。


思ったんですが、今子育て中のお母さんは この写真を見たら
ハンドリガードにしか見えないですよね?

 


暴れていたかと思うと、ジーーッ っと右手を見つめている息子。


そして今日は、

f:id:yorunekom:20190112112758j:image
右手と左手が出逢いました‼︎


顔の下でニギニギ手を合わせてるんです。
お陰で写真が全部ぶりっ子みたいになってます。


また新しい発見したね‼︎
脳みそ活性化に付き2~3時間を目安に寝かしつけ。
寝るタイミングを逃すとギャン泣きで鼓膜破れそう。

f:id:yorunekom:20190112112844j:image

 

 

 

2016年3月30日

私はお風呂上がり、頭にタオルを巻いています。

その状態で息子に授乳。

(最近夜お風呂に入るタイミングを逃し 朝風呂)


頭にタオルを巻いた私が不思議なのか 
息子は ジーーーッと私を見る。
これ毎日。


なので今日は
「同じ頭にしてみるー??」
とタオルを巻いてげました。

 

f:id:yorunekom:20190112165856j:image

インド

 

 


f:id:yorunekom:20190112165914j:image
テレ

 

 



f:id:yorunekom:20190112165929j:image

パサッ

 

 



f:id:yorunekom:20190112165941j:image

ロシア

 

 

 

そういえば私、刺繍をするのが好きなんですが
先日やりかけの刺繍をテーブルの上に置いてたんです。

f:id:yorunekom:20190112170003j:image

 


すると、普段私の事にあまり興味のない弟が
"それは何か"としきりに聞いてくる。


なんでそんなに興味深々になってるのか分からなかったのですが、クマだよ。と教える。(クマの刺繍)


「???」


クマだよ‼︎


「え。どーやって?」


どーやって?ってどーゆう意味?見えない?と聞くと


「あー。なんだ…」

自己解決した模様。


え。なんだと思ったの?
と聞くと、


「息子君の頭に乗せるのかと思った」
と。


は?

 

 

f:id:yorunekom:20190112170255j:image

こーゆー物だと思ったらしいです
 超笑いました。

 


そういえばNO.2


夏の話、弟に


ねーねー、昼マック無くなったのしってる?


「知らね」


あれ?あんまり行かないの?


「どこに?」


マックだよ!


「行くよ!」


昼のランチみたいなセットだよ!
あれ無くなったの知らないの?


「知ってるよ」


はぁ~??知らねって言ったじゃん‼︎


と言うと
”昼マック無くなったの知ってる?”
ではなく
”昼間暗くなったの知ってる?”


と聞かれたと思ったそうです。

笑いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

羽生PA上り 鬼平江戸処名物 五鉄の"1本うどん"を食す

帰りの高速道路で羽生PA 上り"に寄りましす。

ここ江戸をモチーフにしたテーマパークの様で、

以前来た時にとても楽しかったので絶対に寄りたかったところです。
 

 

前に来た時は夏でしかもまだ明るい時間帯だったのですが、今回はもう暗くなっていました。

昼の雰囲気も良かったですが、夜も趣がありとても良い。

f:id:yorunekom:20190111023819j:image
f:id:yorunekom:20190111023812j:image
f:id:yorunekom:20190111023800j:image
f:id:yorunekom:20190111023806j:image

中に入ると不思議な空。

f:id:yorunekom:20190111024103j:image

 

祭囃子の様な音と店。

f:id:yorunekom:20190111024141j:image

息子はこのお面を欲しがり、買って買ってと譲りませんでした。

なので祖母(息子の曽祖母)がくれたお年玉で買うことにしました。

曽祖母はもう90になるので、この先息子とどれくらい触れ合えるかわからない。

だったらお金を貯金通帳に入れるよりも(と言っても1000円ですが)、ひいおばあちゃんが買ってくれたという形に残すのも良いかもしれないと思い、私が買うのではなく曽祖母からのお年玉袋を持たせて自分で買い物をさせました。

 

そんな息子が欲しがったお面は、

f:id:yorunekom:20190111024555j:image

おかめ。

もうお面を見た瞬間にこれが欲しいと言い張り、絶対に揺らぐことはなくこれにしてました。

理由は"可愛いから"だそうです。

息子の体型にこのお面はかなり大きいので、凄くシュール。

本人はちっともウケなんか狙っていないので、

嬉しそうにこのお面をしながら過ごす姿がとても笑えます。

 

息子も満足したので夕飯を食べていくことにしました。

私は鬼平江戸処名物

五鉄の一本うどんを食べました。

それがこれ。

f:id:yorunekom:20190111025043j:image

太ッッッ!!!

太い麺が1本と真ん中に温泉たまご、たっぷりのネギ。

麺はごん太なので竹輪麩の様。もちもちしています。

美味しかったです。が、味よりも遥かに見た目の方がインパクトがあります。

お腹いっぱい。

 

PAやSAって基本的にトイレは外にあり寒くてブルブルなんですが、ここはとても暖かいベビーコーナーが建物の中にあるので赤ちゃんにも優しいです。授乳も出来ます。

f:id:yorunekom:20190111025943j:image

 

 

旅から帰り数日が立っているのですが、息子は毎日欠かさずおかめと共に生活しています。

朝起きたら直ぐにおかめを取りに行き(壁に掛けて寝てます)、出かける時もいつも一緒。

車の中ではお面をしているので、ミラー越しに見えるとたまにギョッとします。

 

クマのぬいぐるみに付けたりも。

f:id:yorunekom:20190111030333j:image

頭足人みたいになってます。

 

一度自分のお手拭きで口の周りを拭いてあげて口紅が少し剥げました。。。

可愛い可愛いとチュッチュしているので、

息子の好みの女の子ってこんな感じなのかな〜なんて未来の彼女を想像しています。

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

鶴の恩返しの里"夕鶴の里"で民話に触れる

浜田広介記念館に行ってオニを堪能し、

途中道の駅で米沢ラーメンを食べた後は

夕鶴の里に行きました。
  

大正14年に建築された製紙工場の繭蔵を改造した資料館で、

中では「鶴の恩返し」を元に作った映像「鶴女房」が見れます。

 

語り部の館では民話口演があり、方言での山形民話が聞けますが、午後3時までという事で間に合わず聞けませんでした。。。

あれこれ寄ってから来たので着いたのは午後3時をとうに過ぎていました。

ちなみに閉館は午後4時30分です。

 

語りには間に合いませんでしたが、

映像ホール「夕鶴座」で"鶴女房"という有名な鶴の恩返しに似た話の人形劇が見れました。

 

f:id:yorunekom:20190110083520j:image

(この写真はパンフレットから)

 

他に客はいなかったので私たちだけの貸切です。

歌舞伎でも始まりそうなホール。

コンコン…コンコンコンコンコンコンと幕が開き、

人形劇が始まりました。

f:id:yorunekom:20190110023617j:image

彼らが人形劇に登場する夕鶴座の皆さんです。

 

正直に言うと、私はこの手の人形が少し怖いんです。

なので息子もビビってるかなと思いきや、

途中途中に入る能楽の様なリズムの語りに合わせて体を揺らしてノッていました。

いやいや大した肝が座っているな。

 

"鶴女房"という名前ではありますが、

殆ど内容は"鶴の恩返し"と同じ。

…と言っても、鶴の恩返し自体もうあまり内容を覚えていなかったので違いが分かりません。

登場人物の名前が違う様で、鶴女房に出てくる主人公の男の名前が金蔵

近くには珍蔵時というお寺があります。

男の名から金蔵寺と名付けられ、そして珍蔵時に変わったそうですが、その辺の事は詳しくわからりません。。。

お寺にも寄りたかったのですが、時間も遅くなり、外は雪が積もってきたので断念しました。

 

約20分上映された人形劇は、とても面白く真剣に見入りました。(リズムをとってる息子にたまに気がそれましたが)

なんで"つう"(鶴の女房)の言うことを聞かずに

扉を開けて見てしまったんだよ〜〜〜!!!!!!

と嘆かずにはいられません。

やっぱり駄目と言われたらどんなに気になっても駄目なんですね。

浦島太郎の玉手箱もそうです。

彼氏や彼女の携帯も勝手に見てはいけないんです。

子どもの日記帳や手帳も勝手に見てはいけないんです。

こっそり行うことに良いことは何もありません。

 

映像ホールを出ると、金蔵の家があります。

障子が閉まると機織りをしている"つう"の影が映り、カタカタと機を織る音が聞こえます。

f:id:yorunekom:20190110083501j:image

 

2階3階は展示ホールになっていて、

2階は常設展示ホール

f:id:yorunekom:20190110025950j:image

 

3階は特別展ホール

展示してある作品や、郷土玩具の展示がとても素敵でした。

f:id:yorunekom:20190110030357j:image
f:id:yorunekom:20190110030349j:image

特にこの絵とマッチ箱のデザイン画。

 

昔懐かしの玩具で遊ぶコーナーもあり、息子はけん玉やヨーヨーに夢中になってました。

 

 

そして何より夕鶴の里で1番印象に残ったのが、スタッフの皆さんのおもてなしです。

丁寧な説明をしてくださり、

帰りには皆さん揃ってお見送りをしてくださりました。

そして息子には小さなお土産まで。

中には小さな折り紙の鶴も入っていて、とても心温まりました。

f:id:yorunekom:20190110083733j:image

 

心温まり外に出ると、おおブルブル!寒い!

f:id:yorunekom:20190110030802j:image

山形(と山形弁)・雪(冷たい空気)・辛抱強く生きる男(もしくは女)の昔話

の三点セットはとても合う。

東北に来た!!!という感じがしてとても良かったです。

 

 

f:id:yorunekom:20190110031110j:image

特に気に入った場所。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

おにが大好きな息子と浜田広介記念館に再訪問

f:id:yorunekom:20190108035234j:image

あっという間に日々が過ぎ、既に帰宅し普段の生活を送っておりますが、

2泊3日で祖母に逢いに山形に行ってきました。

 

そして浜田広介記念館に行ってきました。

息子は2度目の訪問です。

初めて来たのはまだ1歳半だった頃。

シアターなど暗かった事と、まだ場所見知りがあった為殆ど見れず"むかしのあそび場"で遊んで帰ったあの日。
 

物心ついた頃から鬼が好きで、

今でも赤鬼のぬいぐるみを大事にしている息子の為に再訪問。

 

入り口では大きな赤おにがお出迎えしてくれます。

f:id:yorunekom:20190108035523j:image

 

ちなみに、来る途中にあった道の駅には青おにがいました。

f:id:yorunekom:20190108035600j:image

 

 

前回は泣いて殆ど楽しめなかった息子も、今回は全く怖がりませんでした。

"泣いたあかおに"の上映が見れるシアターでも

赤鬼のぬいぐるみを抱きしめて待ちわびています。

f:id:yorunekom:20190108035339j:image

 

流石に展示品にはまだ興味がないのでじっくり見れなかったのですが、前回よりもかなり満喫できました。

 

f:id:yorunekom:20190108035431j:image

前回も夢中で遊んだ"むかしのあそび場"

f:id:yorunekom:20190108035754j:image

魚釣りをしたり、

 

f:id:yorunekom:20190108035808j:image

絵合わせゲームをしたり、

 

f:id:yorunekom:20190108035842j:image

おはじきをしたりして遊び、

 

f:id:yorunekom:20190108035917j:image

私はこの石の絵付けをしようか迷いながら今年も断念。

いつもやりたくて、いつも断念します。

次来る時こそ息子と一緒に楽しめるかな?

小石の絵付けら50円で出来ます。

石に描いた物は持ち帰っても置いてきてもOK。

色んな人が描いた石を見るのも楽しいです。

窓の外に見える雪景色も最高。

 

f:id:yorunekom:20190108040220j:image

鬼退治遊び?

ボールを投げて遊べます。

鬼が好きな息子は可哀想だからとボールをぶつけませんでした。

 

f:id:yorunekom:20190108040332j:image

外にいる鬼君。

前回来た時は夏だったので柄杓で水をかけたのですか寒くて無理。

息子はやりたがっていたんですが。

子どもは本当に寒さ知らずですね。

 

f:id:yorunekom:20190108040652j:image
f:id:yorunekom:20190108040657j:image

隣にある浜田広介の生家にも寄りました。

寒い。

寒くて靴を脱いで上がるか気さえしないのに息子はスタスタ靴を脱いで上がり、家中を散策して鬼を探していました。

鬼の家だと思っているらしい。

f:id:yorunekom:20190108040942j:image

 

冬の山形は寒くて寒くてしょうがなかったですが、

この寒さと雪景色が、

江戸時代末期から明治時代初頭に建てられたとされるこの家(現在あるものは復元されたもののようです)にピッタリとはまり、夏に来た時よりも情緒あふれていて良かったです。

 

記念館を後にしてから米沢ラーメンを食べて次の目的地に向かいました。

f:id:yorunekom:20190108084855j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村