コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

ついに登園拒否◆保育園8日目

順調に進んでいたと思っていた保育園生活。

8日目にしてついに

登園拒否。。。

 

起きた段階で

『きょうは 保育園いかなくていっか!』

なんて言っていたので怪しい雲行きだったのですが、準備と共に行かない行かないと言いだしました。

 

なんとかなだめ、保育園に向かうと、

行きたくない。と泣き出す始末。

 

結果、今日は母に見てもらうことにしました。

 

けれど一日中不機嫌で泣いてばかりいたとのこと。

途中、ママに電話して!!!と騒ぎ立てたりもしたそうです。

 

慣れない保育園生活で不安やストレスがたまっていたんだろうなぁ。。。

 

行きたくない原因を聞くと、

・以前ブロックを投げた子が叩いてくる

・4歳or5歳の子が強い戦いごっこをしてくる

・立って靴を履いたり脱いだりするのが嫌だ

この3つでした。

 

"いじめ"とかではないにしろ、息子がそう言っていることを先生に話しておいた方が良いかなと思って仕事帰りに先生に伝えてみると、

 

ブロックを投げた子は、とても大人しい子なんだそうで(前回息子が泣いた時も、わざとぶつけるように投げたわけではなくて軽く顔に当たってしまった程度。傷とかもなし)、追いかけて叩いてくるような遊びはしていないんだそう。

 

そして今は他学年と遊ぶ機会もないので、歳上の子との触れ合いはないとのこと。

息子は早生まれだし小さいから、同じ3歳でもお兄ちゃんに感じている可能性はあり。

 

立って靴を履いたり脱いだりするのは、避難訓練の為にも今練習中なんだそうです。

息子はそれが出来ないから苦に感じてしまったんでしょうね。

他にも出来ない子は沢山いるらしいのですが。

 

昨日からお昼寝が始まり、しかも出来なかったので寂しさもあって行きたくなくなっちゃったのかもしれないね。と。

なんとか行かないように大袈裟に理由を言う事も良くあることのようです。

 

3年間毎日私といたのだから、突然の集団生活にすぐに馴染めなくても当然!(勿論大丈夫な子も沢山いるけど)だと思っているので、ゆっくりゆっくり楽しさを見つけ慣れていってくれれば良いなと思っています。

 

実際のところ叩いてくる子がいるのかは分かりませんが、息子はそれが嫌だと言っているので否定はせず、

"先生がしっかり見ててくれるし、もし嫌なことをされたら先生に言えば ちゃんとお友達に「ダメだよ」って言ってくれるから大丈夫だよ"

と伝えると、不安ながらにも納得した様子でした。

 

靴に関しては、お家で練習しようね!

 

 

 

お昼寝開始◆保育園7日目

通常保育1日目。

もうすっかり"行かない。。"とは言わなくなりました。

息子はあまりオモチャで遊ばないらしく、

先生が誘っても"おうちでやるから良い"だとか、

"それはもう飽きちゃったから"だとか理由をこじつけて教室の中をボーッと歩いているらしいんです。

まだ色々様子を見ている感じ。と先生も言っていましたが、私もそんな気がします。

まだ知らないこと、知らないものが沢山あるこの保育園自体の方がオモチャよりも興味があるんでしょうね。

 

家に帰ってからも、非常階段の事や、リトミックで使ってたフラフープがあっただとかそう言うことを良く教えてくれます。

 

そんな息子が今日夢中になってずーっとやっていた事があるとのこと。

それは、

ジョウロでお花に水やり

他の子が滑り台やブランコで遊ぶ中、息子と女の子(Rちゃんではない女の子)の2人はひたすら真剣にお花にお水をあげていたそうです。

日課でしたからね!!!

保育園に行く前は、"息子の畑"と名付けた畑を肥やしたり水をあげたりするのが息子の日課で1〜2時間はやっていたので慣れているんでしょう。

 

今日は14時にお迎え。

お昼寝途中の時間ですが、息子は絶対に寝られないと思うので出来る限りの早めの時間に迎えに行けるようにしました。

 

到着すると、先生と一緒に昼寝の部屋からこちらに来ました。

私を見つけた息子は大喜びで飛び跳ねこっちに走ってこようとしたのですが、先生に止められる。

私は窓越しに様子を見ていました。

 

まずはパジャマのお着替え。

満面の笑みで私の方を気にしながら、パジャマの上にズボンを履き、先生に止められる。

すると今度はズボンもパジャマもパンツまでも下ろしてスッポンポンになり、先生爆笑。

私も涙を流して笑いました。

 

 

お昼寝はやっぱり出来なかったようです。

普段も赤ちゃんの時以来、私がいない所で寝ることはありません。

私がいないと眠れないんです…

これをなんとかしたいと思っていたのですが、結局改善できずに保育園になってしまいました。

暫くは保育園でも眠れないだろうなと思ってはいましたが、やっぱり眠れず、

布団の上でゴロゴロしていたそうです。

 

そして先生を呼んで、

『せんせい ティッシュ ちょーだい。」

と。

「鼻水出たの?」

と聞くと、

『ちがうよ。鼻の奥に鼻くそがあるんだよ。』

と。

 

そうこうしてるうちに私が迎えに来たんです。

先生の話を聞く限り、とても楽しんでいたようですが、

『ママ きょう むかえにくるの おそかったよ!!!

なんで おそかったの??』

と仕切りに言っています。

 

これは怪しい兆候です。

 

 

慣らし保育6日目◆体操のお兄さんになる為に筋トレ中の息子

慣らし保育期間は今日で終わりです。

 

朝の"行きたがらないかもしれないハラハラ"は無くなり、長いと思っていた3時間保育も、

え?!もうお迎えの時間!!!やば!!!

に変わりました。人間って本当に慣れる生き物ですね。

 

保育園に着くと息子は手慣れた様子で靴を脱いで中に入って行き、先生と話していた私の前を通って、

『これは ここにおくんだよ!』

とか朝の業務を見せてくれました。

 

じゃ!行くね!いっぱい遊んできてね!

と手を振り去ろうとすると、息子が満面の笑みで

『またあそぼうねー!!!

かいだん 気をつけておりるんだよー!!!』

また遊ぼうねって…。

 

迎えに行くと、まだ給食を食べていました。

12時お迎えって難しい。。。

今日もナムルを見て"びちゃびちゃしてるからいらない"と言って拒否したらしいのですが、先生の食べてる様子を見て真似して食べ、結果、完食したとのこと。

保育園に通う様になって本当に良く食べるようになりました。(量)

そして牛乳をまぁ良く飲んでいます。

 

息子は牛乳を全然飲まなかったので豆乳を飲ませていましたが、給食で出た牛乳が思いの外美味しかったのと、

牛乳を飲むと大きくなって筋肉ムキムキになる。

と言われたのが多分息子の中で響いている様です。

最近はもう毎日、

まことお兄さん(おかあさんといっしょ)になりたいから、牛乳いっぱい飲んでいっぱい食べて大きくなる!体操習いに行きたい!

って言うんです。

 

今日も帰りに牛乳買ってとせがまれ、

その上ストローのじゃなくてコップで飲むやつがいい!と言うので500mlのパックを購入。

寝ても覚めても『牛乳!牛乳!』と無闇矢鱈に飲んでいます。

 

その上、家にいる時はマット(踊るのが好きでバタバタやるので体育のマットみたいなやつを買いました)を重ねて高いところにジャンプしたり降りたり、

外では忍者の様に高さのあるところをバランスをとりながら歩いたり走ったりしていて、

なんかこうゆう光景みたことあるなぁ…

 

プロテインを飲んで筋トレに励み筋肉ムキムキになろうとしてる人。

良くいた良くいた!

さすが男だな!!!

 

と思いきや、ピンクのワンピースを欲しがったり(流石に買いませんでしたが、かなり粘ってました。)、リサお姉さんみたいな髪型が良いなんて言ってます。

 

今日は息子のお気に入りのRちゃんはお休みだったのですが、お迎えに行った時に遭遇。(下の子も保育園にいるので一緒にお迎えに来ていた)

「あー!◯◯く〜ん♫」と呼ばれ、

息子も『あ〜♡お〜い♡』

と言って、ずっと手を張り合っている2人。笑

微笑ましい限りです。

 

帰りに西松屋に行き、息子のお昼寝グッズを購入したのですが、ついでにずっと欲しがっていた傘も購入しました。

初めての傘。

よほど嬉しい様で、家の中でも何度も開いたら閉じたりスキップらんらんしていました。

 

明日から更に時間が長くなります。

大丈夫かな?

心配だけど、だんだん息子も慣れて楽しいと言っているのでひと安心です。

 

 

 

 

 

乳児期回想記⑤⓪ 365日撮り溜めた写真

?な2017年1月11日 

 


息子が産まれ家に連れて帰って来てから毎日(熱が出た日以外)撮ってた写真。

 

f:id:yorunekom:20190415065720j:image
f:id:yorunekom:20190415065702j:image
f:id:yorunekom:20190415065739j:image
f:id:yorunekom:20190415065706j:image
f:id:yorunekom:20190415065744j:image
f:id:yorunekom:20190415065729j:image
f:id:yorunekom:20190415065725j:image
f:id:yorunekom:20190415065711j:image
f:id:yorunekom:20190415065715j:image
f:id:yorunekom:20190415065749j:image
f:id:yorunekom:20190415065735j:image

 

1年間毎日撮った写真をアイムービーで繋げて

パラパラ漫画の様に変化を楽しもうと思って始めたのですが、

1歳に近付くにつれて、寝ている時の写真ばかりになりました。
起きてる時は紙をグシャーとしたり動き回ってまともに撮れません。


1歳までは毎日撮る!!!と決めてたので 続けましたが、正直最後の2ヶ月位は面倒くさくてしょうがなかったです。執念で撮り続けた感じです。


寝てる写真ばかりだから ほぼ同じ感じだし。。。


1歳になって、予定通り撮るのを辞めました。


最後にhappy birth day!をつけた写真を撮ったあと、息子に”今までお疲れー!今日でおしまいだよ☆”と伝えながら、
なんだか、すごーく寂しくなりました。

こうして何かを卒業する度に、寂しい気持ちを味わっていくんでしょうね。
保育園とか小学校とか中学校とか。

 


今日でおしまいだよー…と言いながら抱きしめて、
大きくなったねー。もう赤ちゃんじゃないねー…
なんて涙ちょちょぎれそうになりながら話しかけていたんですけど、


息子はなんのこっちゃ!でした。

 

元気に1歳を迎えることが出来てひと安心です。

おめでとう!!!

慣らし保育5日目◆お友達が出来たようです。

『きょうは ほいくえん いかない。』

ついに来ました、この台詞。

寝起きまなこに発したので、多分もっと寝ていたかったんでしょう。

今回はまことお兄さんに助けられました。

息子は"おかあさんといっしょ"の新しい体操のお兄さん"まことお兄さん"が大好きで、

まことお兄さん見たさに毎朝おかあさんといっしょを見ているようなものです。

まことお兄さんになりたいから体操いっぱいする!

なんて言っています。

 

保育園に着くと、昨日息子の口から聞いた女の子のお友達Rちゃんが息子の到着に気が付き、

「あ!きたー!せんせいきたよー!!」

と言って迎えてくれました。

微笑ましい。

 

先生に昨日避難訓練があったのか聞くと、やっぱり行われていたようです。

細かい話も息子の説明通りだったので先生も感心していましたが、多分もう少し保育園に慣れてきたら、

家の事をバラされる。。。

家での事を事細かに報告するんじゃなかろうか…

 

迎え時、丁度Rちゃんのお母さんと一緒になり、

息子とRちゃんは一緒に出てきました。

息子、デレデレ!

2人でハイタッチをしたり、見つめ合って笑ったりしてます。

先生も息子が先生に見せる笑顔と違う!と言っていました。誰がどう見てもデレッデレなんです。

お友達が出来て良かったね。

 

今日の記録

・今日は折り紙をした。

・いつもと同じ歌と、チューリップの歌を歌った。

・Rちゃんではない女の子が"どうしてバンドエイドを付けているのか"聞いてきたから、皮を剥いたら切れちゃったからと教えたら、血が出てるのか聞いてきた。(保育園児にはバンドエイドが会話の良いきっかけになるらしい)

・牛乳全部飲んだ!(息子は牛乳を全然飲まなかったので豆乳生活でした) 牛乳はバナナジュースの味がした。

・トイレは3回行った。トイレの時は男の子が先に行って、次に女の子が行く。

・Rちゃんはプリンセスが好き。Rちゃんは赤おにが嫌い。(Rちゃん情報が増えていく)

 

ブログに書くのが1日空いてしまったら、細かい事を思い出せなくなったのですが、他にも色々教えてくれました。

お友達も出来たようで、それが凄く嬉しいです。

他のお友達の名前もちらほら出てきています。

 

朝は"保育園に行かない!"と言っていましたが、

「明日と明後日は保育園休みだよ。」というと、

保育園大好きだから行きたい!

と。

嬉しい変化です。

きっとこれからもっともっと楽しくなるよ。

 

 

 

 

 

慣らし保育4日目◆避難訓練と、笑顔溢れる1日

今日から保育時間が1.5時間伸びて12時お迎えです。

お昼ご飯を食べてから帰宅します。

 

保育園でおかずのみ給食として出るので、

主食の"白ご飯"をお弁当箱に入れて持っていきます。

息子は"白ご飯"をあまり食べません。

嫌いなわけではないのですが、おかずばかり先に食べてしまい、

私が「ご飯もね!」と言った時に、

"そーだそーだ!"という感じで食べます。

声をかけないと白飯だけ手をつけずに残ってしまう。

なので、少なめにお弁当箱に入れて持たせました。

 

嗚呼、また今日も行くのを嫌がるかなと思うと切ない気持ちになりますが、慣らし保育と言うだけあって既に慣れてきたようです。

今朝は嫌がる様子もなく、お弁当を食べることを楽しみに家を出ました。

 

保育園に到着し、あれよあれよと教室に入っていったので私は帰路に着きます。

最後に門の所から教室を見たら、息子が窓から私を見ていました。

笑顔で手を振って帰宅しましたが、

あの時の光景が目に焼き付いて家のトイレでこっそり泣いちゃいました…。

息子はただ私を見ていただけだと思うのですが、

なんだか"置いてきた"というような気分になってしまって。。。

 

時間より5分早めに着いてしまったので教室の様子を見てみると、息子はみんなと一緒にテーブルについて給食を食べていました。

食べ終わった頃に先生が呼んでくれたので迎えに行くと、息子が元気いっぱいに現れました。

 

今日は私の母もお迎えに同行。

母に迎えを頼む事が今後でてくると思うので。

息子は母が一緒に来るなんて思っていなかったので喜んでいました。

 

今日の保育園が楽しかったことは説明しなくても分かった。というくらいテンションマックス!

 

給食も残さず完食。

べたべたドロドロしていたり、ぐちゃぐちゃしたものが嫌いな息子なんですが、今日の給食の"キャベツともやしの胡麻和え"を食べるのを拒否したそうなんです。

『ぬちゃぬちゃしてるからやだ』

と言って。

 

なので先生が食べて見せると、真似して食べだし、

グー👍と言って親指を立てたと言って笑っていました。

 

『トイレでオシッコ5回もしたんだよ!!!』

という息子に、先生は

「そんなには行ってないよ。3回だね!」

とツッ込まれていました。

 

帰り道では息子のマシンガントークで、

"今日の1日が全て分かった"というくらい充分にわかりました。

 

今日の記録

・オシッコはトイレで3回した

・今日も同じ歌を歌った。毎日歌うんだね!と言っていたので気が付いたようです。

・お外遊びで砂場遊びと、滑り台を何回もした。

・滑り台をしていたら急に消防車の音が大きな音でなって、みんなでギャーと言って逃げた。

そしたら次は"地震です!"ってなって、先生が「逃げろー!」って言って、息子や友達は『え?!え?!え?!』ってなった。

・教室に戻って先生のお話を聞いた。

・緑の階段は使っちゃいけない。(2階のクラスの子が使う非常階段の事らしい)

・お外遊びをしている時に先生にオシッコしたくなったと言ったら、違う先生が来て、早く行かなきゃ!早く行かなきゃ!って急いでトイレに行った。

・この前バンドエイドの事を聞いてきた子の名前はRちゃんだった。

『Rちゃん、可愛いんだよなぁ〜』ってキャラクラにハマっているおじさんの様な口調で言ってます。

・給食の時隣の男の子の服を引っ張ったら「やめてよ〜」って言われた。

・隣の男の子と「おっぱいは美味しいけど気持ち悪いよね」って話した。(なんかちょっと嘘くさいなぁ…本当に話してたとしたら、なんじゃその会話は!)

・キャベツのやつは、ぶちゃぶちゃしてると思ったけど、食べたらカリカリしてて美味しかった。

・麦茶こぼした。

・献立はハンバーグとキャベツともやしの胡麻和えと味噌汁(今月の献立表そういえば貰ってない…)

 

これだけ分かればじゅうぶんだし、

何より息子の表情とテンションの高さで楽しかった事が伝わってきます。

 

寂しいのかもな…息子も頑張って保育園生活を送っているんだな…

なんてトイレで泣いたのは一体なんだったんだというくらい本人は楽しんでいてくれて嬉しい限りです。

 

明日も保育園行く!!!

という言葉も聞けて、安心です。

調子に乗って怪我しないでね。。。

 

 

抱っこはもうしない

 

息子はかなりの抱っこマンでした。

 

買い物に行けば抱っこ!

公園に行っても疲れると抱っこ!

寝るときも抱っこ!

終いには、家の階段を降りる時でさえ抱っこ!

 

歩くことで足腰が鍛えられるので出来るだけ歩かせる様に促していましたが、

抱っこ抱っこ抱っこーーー!!!

 

もうこうなったら思う存分抱っこしよう。

息子が飽きるまで好きなだけ抱っこしてあげるから、大きくなって筋肉ムキムキになったらママの事を沢山抱っこしてね。

と約束して抱っこしまくりました。

 

どうせいつのまにか抱っこなんてやだ!なんて言って親の物を離れて行くのだろうから、

一生分抱っこしたるわ!!

なんて気持ちで抱っこしていたのに…

 

この所、抱っこさせてくれなくなりました。

抱っこを嫌がるだろう"いつか"は思ったよりも早く、あまりにも突然にやってきました。

 

買い物に行っても公園に行ってももう

『抱っこして!』

と言ってきません。

 

ほらね。

沢山抱っこしておいて良かった。。。

そして、やっぱりちょっと寂しい。

 

そんな抱っこ拒否をするようになった息子は、

自分の足でしっかり歩き走り、

気になるものを見つけては寄り道食って動かなくなります。

 

f:id:yorunekom:20190411102103j:image

 

川があれば石を投げたくなるし、

花があれば匂いを嗅ぐし、

水溜りがあればバシャバシャ入るし、

土があればほじくり回す。

大きな石があれば登りたがるし、

高さがあれば飛びたがる。

鳥がいれば指をさして、

虫がいれば話しかけて、

うんこがあれば踏もうとする。(それはやめて)

 

3歳って意外と忙しいんです。

これだけ色んな発見があるんだから抱っこなんてしていられないようです。

 

私は毎日息子に新たな発見を教えられます。

ありがとう。