コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

雨。ついにこの日が来た!

前回のブログで書いた"新しい傘"が届いてから1週間がたちました。(てことはブログを1週間書いていなかったってことか…)

 

1週間見事に雨予報も無く、早く傘を使いたい息子には我慢力強化週間となりました。

その間も学校から帰ってくると傘の柄を撫でて手触りを楽しんで愛でていたのですが、その光景を見ると雨で釣りに行けなかった祖父が釣竿を磨いていた光景とリンクするんですよね。懐かしいなぁ。

 

昨日の夕方、遂に小雨が降りました。傘をさしているのが逆に目立つほど傘無しで全然オッケー程度の小雨だったんですが、息子はもうずっとこの日を楽しみに待ちわびていたので傘をさして出かけました。

 

これだけ楽しみにしていた傘なので、それはもうピョンピョンキャピキャピ喜ぶだろうなと予想してカメラ構えて出掛けましたが予想は見事に外れ。

 

雨だからオレは傘をさすぜ、どやぁ!

というかのごとくスンッとした態度で傘をさしてました。そのドヤり具合が逆に可愛かったですが。ドヤるところだったんやと笑っちゃいました。

写真の撮れだかは低かったですが。

 

今朝も雨が降っていたので、ココロはルンルン、見た目はどやぁ!で登校して行きました。

 

今回の傘の件は雨の日を楽しめるキッカケになってとても良いなと思います。私も一緒に傘差し散歩を楽しめるように、雨の日もワクワクできるように、使った後は磨きたくなるくらい愛情を注げる傘に出逢いたいなぁ。

 

身の回りのものを"こだわりをもって選ぶ"ことって大事ですね。それを選んだ理由、それを選んだこだわりの部分が強いほど日々の生活に幸福度が上がりそう。息子を見ていて学んだことでございます。