コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

音楽家について学ぶ・ハマっている時が知識の付け時!

YouTubeにある伝記の漫画シリーズ、あれ良いですね!!

 

息子は今、音楽家にどハマりしているのですが、ハマっている時が知識の付け時!!と思ってYouTubeで調べて見たのがキッカケです。

 

ベートーヴェンの生い立ちだとか、バッハとヘンデルの関係だとか、モーツァルトの趣味だとか初めて知ったことだらけ!ベートーヴェンは耳が聞こえなくなったことくらいかな、唯一知っていたのは。

息子が興味を持つことには毎回学ばされます。そしてのちに息子は興味が薄くなり、私だけハマっているパターン。相撲はまさにそれ。

 

音楽家の伝記漫画を見て衝撃だったのがモーツァルト。

f:id:yorunekom:20220611141818j:image

この人です。

絵:息子

 

f:id:yorunekom:20220611143234j:image

念の為、肖像画を。この方です、モーツァルト。

 

この人が実は"う○こやおしり"といった下ネタ大好き人間ということなんて音楽の授業で習った記憶ありません。

 

筆まめなモーツァルトによるお下品な手紙がたくさん残っているようです。興味のある方は是非ググってみてください。

 

有名になると死後に私生活のことまで暴露されて気の毒ですね。それで勝手にドン引かれたり。みんな人には言えないドンびかれポイントなんてあるだろうに。

息子には大ウケでしたが。

 

私が興味を持ったのは、髪型です。バッハにしてもヘンデルにしてもモーツァルトにしても個性溢れるヘアスタイル。これ、皆さんカツラのようです。当時、カツラは正装だったとのこと。そして白は当時のブーム。今のようにブリーチなんてないので、白い粉をはたいていたらしい。トイレに行って髪粉をはたくことから、トイレをパウダールームと呼ぶ語源となったらしいです。豆知識豆知識。

髪の毛を洗うという文化がまだなかった時代なので、衛生面から髪の毛を剃ってる人が多かったんだとか。

 

そういう時代背景を知るのは面白いです。

 

そして、もし今後私の髪が抜けてなくなることがあったら、個性を出してカツラライフを楽しみたいなと思いました。

中世ヨーロッパの貴族のように…

 

●今日の名言●

自分の値打ちを下げてはいけない

それが特に大きなポイントだ

さもないと君は終わりだ

もっとも生意気な人間に

絶好のチャンスがある

〜ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト〜