コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

字が綺麗とは

息子の学校では毎日ひらがなの練習が宿題に出されています。1日1文字練習していくやつ。初めは見本をなぞって、徐々に自分で〼に上手く書くようにするやつ。

息子はたまに"上手く書けない"と言ってヒーヒー言ったりする事があるんですけど、息子の字は強く逞しく大きな字で、凄く良いんです。私は息子の字がとても好き。

 

そこで思ったんです。上手な字とは見本と同じように書けることではないんじゃない?と。

 

字って個性が出るじゃないですか。それで良いじゃない?と。見本はあくまで見本であって、書き方やバランスの練習にあるわけで、同じように書かなきゃいけないわけじゃないよね?

 

適当にパパパッと殴り書きしているわけではないので、今の息子の字で充分に良いと思うのです。

私のノートを全部息子に書いて欲しいくらい、息子の字が好きなんです。

 

それにしても、少し前までは逆さ文字だったり書き順ぐちゃぐちゃにだったり暗号みたいな字だったりしてたのに、すっかり全部の平仮名を書けるようになりましたねー。

 

f:id:yorunekom:20220610202628j:image

上の段は、少し前に息子が書いてくれてた手紙を真似して書いたもの。

下の段は今現在の息子の文字。

 

平仮名は私、一切息子に教えてないんだけど、保育園で学び、小学校で学び自分で進化しています。すごいなー。

 

もう少ししたらこの"全部ひらがな"も見れなくなるんだろうな。