コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

金曜日・初めての遠足

遠足の前の日はなかなか寝付けないタイプだった私ですが、息子の遠足になってもソワソワして夜中に何度も目を覚ましました。

f:id:yorunekom:20220423101011j:image

昨夜、子どもたちお手製のしおりに書いてある"もちものリスト"を元に最終確認をして完璧!とプリントの隅々を読んでいたら、"お菓子を持ってきて大丈夫です"と書いてあるじゃありませんか!!"もちものリスト"に書いてくれー!息子も何も言わないし、お菓子なんて用意してない。家にあったお菓子は、うまい棒1本のみ…

 

という事で、朝いつもより早く家を出てコンビニに買いに行きました。すると息子のクラスメイトが!同じように、お菓子がオッケーな事を昨夜気が付いたらしいです。

 

遠足って言ったらお菓子が楽しみなんじゃないの?!息子もお友達も、申し訳程度のお菓子を選び(その後はチョコと10円のおつまみサラミ1つ、息子はアンパンマングミ1つ)大人の方が、もう少しなんか選びなよとお菓子を進める。一年生ってそんなものなのかね?うちはもともとお菓子に興味ないのが大きいと思うけど。

 

先日のブログに"遠足でひとりぼっちでもええやん!"ということを書いたけど、実際息子を送り出して願うのは、無事に帰ってきてくれればそれで良い!!

本当にこれだけが私の願いでした。お弁当1人で食べたとかそんなことは気にしなくて良い。(本人が悩んでいたり、いじめられてとかなら話は別だけど。そしたら私は即!登校しなくて良いというと思う。)とにかく!とにかく無事で!!!クロスフィンガー!という感じ。親としての精神面も鍛えられるわこりゃ。

未知のことは不安ですよね。気も重くなりますよね。。。

雨が降ってほしい!と願っていた息子、今日行きたくないなぁ…と言っていた息子。

帰ってきた息子は…

めっちゃ楽しかった!!!と。

ですよねー!

上級生が助けてくれたり、山の上の空気は良い!とか、公園でドッヂボールをしたとか、同じお菓子を持ってたから話して仲良くなったとか色々マシンガントークを繰り広げてくれるところからも、いかに楽しかったのかが伺えます。

暑いし歩く距離も長いのでクタクタになっていましたが、楽しかったようで一安心です。