コビトスルヒト

筋トレが好きな6歳の息子との日々

我が家伝統の豆まき

今年も節分の日がやってきました。

 

保育園の豆まきは中止になってしまったのですが…

実は鬼役募集してたので私は参加表明をして、みんなの姿を見るのを楽しみにしていたんだけど。

コロナめ…

 

だけどもですね、我が家では実家で毎年恒例の豆まきをやってきましたよ!

これは結構一大イベントなんです。

 

まずは福豆を持って外に向かって"鬼は外〜!"

目の前は山なのでガシガシ投げまくります。明日鳥が食べに来るでしょう。

 

そしてそれからですよ。子どもにとって楽しい楽しいイベントは。

以前もいつかずっとずっと前の記事に書いたかもしれませんが、私が子どもの頃から我が家ではずっとことイベントが開催されているのです。

弟の年が離れているせいもあって、大人になってもやってました。

 

母の故郷は北海道なのですが、北海道では落花生を撒くのが定番らしいです。母の話なので実際のところは知らないのですが。

 

なので家の中で落花生を撒くのですが、

それぞれ手に袋を持ち、それをよーいどん!で拾い集めます。

今年は落花生のみでしたが、いつもは落花生に紛れてお菓子とかキャンディーとかも混ざってます。

 

みんなで一目散に走り回って集め、

そして拾い終わったら落花生の確認。

落花生の何個かにはマジックで色が付けてあり、それを拾った人はその色のマークがついた景品が貰えるのです。

 

これが我が家の伝統なんですが、昨年の豆まきの楽しかった思い出がしっかり息子に記憶付けられていたようで、今年はなんと息子が

「景品を用意する!!」

と言い出したので、100均に行って3個景品を選んでもらいました。

 

虹色のボールと、タオルをかけれるキーホルダーと、あともう一個なんだったかな。。。ジョウロだったかな…笑

 

母も2つ景品を用意してくれていたので計5個の落花生に印を付けたのも息子。

 

そして今年は落花生拾いに母も参加することになり、息子・私・母での争奪戦。

そしてそれならもう1つルールを…と、

拾った数が1番少なかった人が、1番大きかった人にプレゼントを後日あげる

なんていうルールも付けました。

もうプレゼントは充分にあるんだけど、これでもかこれでもかとゲームにする。

 

鬼は〜外〜と言って落花生を投げまくり、よーいスタートでみんなで落花生の奪い合い。

 

私は割と手加減して息子に拾わせようとしちゃうんですけど、母には手抜きなんてものはなく容赦無い。このままだと母が1位の私がビリという線が強くなり、母をガードしながら息子と力を合わせて拾いまくりました。

いやぁ本当にそれでも母は力づくで来るのでキャットファイトの様になってましたよ!笑

 

結果、

1位 息子、2位 私、3位 母

そして、プレゼントは息子が用意してくれたタオルがかけられるキーホルダーを私がゲットして、

残りは全部息子のところに当たりの落花生がありました!

 

こうして今年も楽しい節分が終わりました。

息子は笑い転げて息が出来なくて苦しい!!なんて言っていましたが、笑う門には福来る。鬼を追い出して、しっかり福が来てくれそうな予感です。

 

ちなみに、母が用意したプレゼントは、現金と父が昔絵を習いに行った時に初めて描いたひまわりの絵でした。

いらねーーーと思ったけど、息子はとても気に入って部屋に飾りたい!だそうです。

f:id:yorunekom:20220210113332j:image