コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

セルフフォトブース で再確認したドリフの偉大さ

最近若者の間でセルフフォトブース というのが流行っているとのことなんですが、知ってます? プロが使う一眼レフで自由に決められた時間撮影できちゃうヤツ。私たち世代でいうとまぁプリクラ的なポジションなんでしょうか?

 

今回このセルフフォトブース で撮影体験をさせていただけるとのことで小ネタを沢山仕込んで向かいました。

 

ラジカセとか息子のオモチャのピストルやドル札、バケツ、ボクシングのグローブ…etc とかね。ブースにも沢山使える小物は用意してあるんですが、私天邪鬼だから、みんなが使うのと同じのヤダーってなっちゃうんだよね。めんどくさい奴。すんません。

 

で、沢山持って行った中でも最強だったのが、黒のフェルトをただ小さく四角く切って裏に両面テープをつけたもの。これが結局最強。

 

どうやって使うかというと、もうお察しかと思いますが、鼻の下に貼るんです!ヒゲ。ちょび髭。

 

スタジオのBGMを"ヒゲのテーマ"にしてくれるたらもう、流れ出した瞬間私も息子も、スタッフのお姉さんも全員軽やかにヒゲダンスのステップを踏んで、手はペンギンのようなポーズを上下に動かしてる。いわゆる"ヒゲダンス" 体が勝手にリズム乗っちゃうんですよ。ヒゲダンスすげえ。

 

あまりにもそれが楽しすぎて時間のカウントが始まってからしばらくカメラの前でただただ2人で踊ってしまって、「このまま踊るだけで帰るわけ?!笑」と言われ全員で爆笑。

 

プリクラしか経験がないもので、レリーズ(リモコンみたいなシャッター)を押して写真を撮るということには慣れません。ついついレリーズ持たずにポーズしちゃう。画面見ちゃうから全部視線外れちゃうしね。

 

それにしてもヒゲダンスで流れる音楽"ヒゲのテーマ"って最強だと思う。ヒゲダンスを知っている世代ならみんな音楽が流れるとあのステップになっちゃいません?ヒゲダンスを知らない息子でも(当時3歳とか)音楽を流して私と母が踊ると直ぐに真似して踊ってました。

しかも、なんかあれやるだけで爆笑するんだよね、息子の踊ってる姿に私たちも爆笑して。

 

そんなこんなでセルフフォトブース でヒゲのテーマをBGMに撮影したんですけど、あの音楽が流れると全てがコントに見えるという力があるんですよ、これがまた。「次はどのアイテムで撮影しようかな〜」と選んでいるだけなのに、次の"物ボケはなんや?"って期待しちゃう。そして足元は常にあのステップ。

 

f:id:yorunekom:20220204003022j:image"子どもを笑わす"ならドリフのネタ知っておくとかなり強いと思う。これ全部の顔をマスターしてみて!子どもがバンッとかいって撃ってくる真似したら、上の写真の顔を1人ずつ順番にしていけば絶対笑い取れると思う。

あまり調子にのって子ども相手にすると"フワちゃん"とか言われるから気をつけよう…