コビトスルヒト

お相撲さんが好きな4歳の息子との日々

保育園・登園再開

f:id:yorunekom:20200708144749j:image

 

6月から保育園登園を再開しました。

我が家は3月から登園自粛していたので、まるっと3ヶ月間おうち時間を過ごしていたことになります。

さ・さ・さ・さ・さんかげつ!!!!!

 

1年の1/4もステイホームで過ごしたのかと思うと驚きですが、過ぎてしまうとあっという間に感じます。

 

毎日一食増えることのめんどくささや、

仕事が激減した事による収入減。

なのに、体力作りにとトランポリンを買ったり自転車を買ったり。

収入と支出の反比例が凄まじくて先行き不安になりました。

 

だけど、毎日とても楽しくて、ストレスなんてほとんど自分では感じていなかった気がします。

ベランダや庭での過ごし方を発見したり、1日2回の散歩で今まで知らなかったご近所さんと仲良くなったり。

 

そして息子は、不謹慎ではありますが、

"コロナがずっと続けば良いのにな〜"

と口癖のように言っていました。

 

息子は保育園をまだあまり楽しめておらず、保育園に行くよりも家にいる方が良いというタイプ。

きっと将来的に登校拒否とかもありえるだろうなと覚悟していました。

 

6月に入り、いざ登園。

コロナが収まったわけではないのに本当に大丈夫なのだろうかという不安と自問自答の数日。

ハラハラしながら登園させると、他の子はもう既にみんなとっくに登園開始していたようで、

わーーー!!きたーーー!!♫

と迎え入れてくれました。

新しい先生に会うのも初めて。

カッチカチに緊張しながら教室に入って行きました。

 

そしてお迎え。

帰ってきた息子の明るい表情ったらない。

 

保育園すっごい楽しかった!!!!!!!

 

と。

あれから数日。いまでも保育園楽しい!は続いていて、土日も行きたい行きたい言っています。

保育園のお友達の話も良くするようになりました。

 

たまたま昨日、クラスのお友達とコンビニの駐車場であったのですが

「あしたあそぼうねー!!」

と大きな声で息子が言っていて、ビックリとその成長に涙がちょちょぎれました。

確実に、しっかりと、成長している!!!

 

昨年の今頃はもう登園拒否反応が酷くて、毎日四苦八苦しながら連れて行ったり、窓から見える息子の涙目の見送りに私までも涙しながら出勤したりもしてました。

 

多分息子はHSCの要素があるので(今でもまだ感じてる)、無理に行かせる必要はないのではないかとか、悩んでいましたねーあの頃。

 

そんな訳で、登園再開した息子は大きく成長し、

毎日元気いっぱいに登園しています。

これほど嬉しくありがたい事ってない!

お陰で仕事も専念できています。

ありがとう。