コビトスルヒト

お相撲さんが好きな3歳の息子との日々

相撲◆九州場所スタート!炎鵬は我が家の希望の星

日曜日から始まりました!

大相撲 九州場所!!

相撲に興味のない方達にはスルーしてしまうであろうブログが続くかもしれませんがお許しください。

以前の私も相撲に興味がなかったので、一瞬たりとも取り組みを見たことがありませんでしたが、

息子が興味を持ちどんどん熱くなる相撲熱に感化されて、すっかり私も"スー女"ってやつです。

 

朝の日課は、本日の取り組み表を見ること。

ちなみに今日はこんな感じです。

f:id:yorunekom:20191113092221j:image

以前カナダにワーホリをしていた頃、

スーパーボウルの期間が始まると、街中が一気に静まり返り(皆んなその時間は家やバーで鑑賞)、

たまたまファストフードで友達とくっちゃべっていた時には大量の学生が入ってきてテレビの前で大盛り上がり!の光景を目の当たりにしました。

 

あの時の雰囲気です我が家は今。息子と2人だけですけど。

息子の応援する声が近所迷惑になるほどの大声で、

そして始まる前までにお菓子やジュースを広げて観戦の準備を万全にしております。

ちなみに結局食べるのはほとんど私。こりゃまた太るわ。

 

相撲をテレビで初日からずっと見続けるというのは初めてのことなのですが、続けて見ればみるほど見過ごせなくなる。

気になって気になって。

そして自分もどんどん力士を覚えて、

昨日の竜電の取り組みを見て"行司は誰なんだろう"→調べる。という感じで行司の名前まで徐々に覚え始め…という感じ。

 

初日には"豪栄道"が、そして2日目には"友風"が土俵から落ちて負傷。

2人とも、その翌日から休場です。

友風に至っては、膝の形がベッコリしていたので息子もかなり衝撃を受けてしまい、対戦相手の"琴勇輝"を悪い人呼ばわりしてしまっています。

そういう事では全くもってないのですが、やっぱり3歳児には怪我をさせてしまった人→悪い人という流れになってます。琴勇輝ごめんなさい。

昨日の御嶽海の流血にもビビっていました。。。

 

いやそれにしても友風の膝のベッコリ具合は衝撃でしたが、復活には1年くらいかかるかもと言われていて、相撲って本当に命がけの国技だなと感じます。

 

そんな中での"炎鵬"

息子が相撲にハマりだし、だけど私がまだ乗り切れていない頃の話。

息子が近所のお爺ちゃんお婆ちゃんに"お相撲さんになりたい!"と言うたびに

「将来の炎鵬だな!」

なんて言われていました。

炎鵬って一体どんな力士なんだ?

"鵬"という響きのイメージから"白鵬"のような感じかななんて思っていたのですが、

f:id:yorunekom:20191113095658j:image

可愛い!!!

この炎鵬関は身長168センチと力士の中ではかなり小柄で細め。

 

息子は凄く細くて小さい。(4歳目の前にしてやっと12キロ……)

そして遺伝子的にも高身長は望んでいません。

なので、力士は無理だろうななんて思っていたのですが、

そんなミニサイズでも力士になりたい!!という子ども達の希望の星が炎鵬。

 

大きな身体の力士の前に立つ炎鵬を見た時は、おいおいおい!危険!危険!!と心配になりましたが、炎鵬の炎鵬らしさを活かした取り組みは見ていて本当に面白いんです。

 

炎鵬が土俵に立つと"炎鵬〜!!"と声援があちこちから響き場内が盛り上がりを見せます。

その可愛いルックスからの人気と思っていましたが、それだけではないことが取り組みを見るようになって分かるようになりました。

その証拠に声援の中には野太い男性の声援も沢山あります。

 

まだまだ3歳児なので夢はこれからどんどん変わるでしょうが、

今の息子は"お相撲さんになりたい"と言っている。

だから私も全力で相撲を楽しんで、夢は変わってしまってもいつまでも今のまま相撲が好きでいてくれると良いなと思ってます。

そんな私の希望の星が炎鵬

 

と言いつつ、個人的は推しは竜電と翔猿です。笑