コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

火事だ火事だと叫ぶ息子◆避難訓練

前日、保育園で避難訓練がありました。

 

息子は消防車や救急車などにあまり興味がないのですが、

"どこかで怪我をしている人がいるから迎えに行く"

とか、

"どこかで火事があるから火を消しに行く"

とかそういう事柄にはすごく興味を持ちます。

 

パトカーもそう。

"だれか悪いことしちゃったのかな?"

という具合に。

 

なので、消防車や救急車などの玩具を欲しがるということはないのですが、

通り過ぎる度に"怪我してしまった人がいるのか、病気の人がいるのか"などを想像したり、

"どうして火事になってしまったのだろうか。冬じゃないからストーブは倒れないし、なんで?"

といった具合に、原因追求をするタイプなんですよね。

 

そして地震や火事が何故起きるのか、起きたらどうなるのかに異常に興味を示さんです。なんでだろう…

 

 

 

そんな息子なので、避難訓練はとても楽しい…というと語弊があるかもしれませんが、

とにかくとても刺激を受け、学習してきたようです。

 

迎えに行くと、真っ先に避難訓練の話や、

救急車の中にはベッドがあって痛がっている人が寝られる事。

火事になったら赤いやつ(消化器)で火を消すことなどを教えてくれて、

 

家に帰ってからは寝るまで何十回と

「かじだぁ〜!!!」「かじだぁ〜!!!」

と般若のような顔をして叫びながらホースを持つポーズをとっていました。

(マジでうるさかったけど笑えた)

 

消防士に憧れる男の子って多いですよね。

私の周りでパッと浮かんで2人は消防車を見ると目を輝かせて何時間でもいれる!って子がいます。

 

息子はミニカー的なものに全く興味を示さないので消防車にも反応が薄かったのですが消防士と、彼らの仕事にはとても興味があるようです。

 

 

4歳の誕生日は、ディズニープランを変更して、

キッザニアでの消防士体験にしようかなと計画しています。