コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

川遊びが楽しめるようになった、私

私は夏が嫌い。冬が好き。

昼間の太陽よりも、夜の月明りの方が好き。

冬の夜が1番好きだった私は、

夏の炎天下なんて、カーテンを閉めて涼しい部屋で寝てるか、クーラーがビンビンに聞いた職場で働いてる方が断然良しとしていたんですよ。

息子が生まれるまでは!

人って変わるものですよねー。

 

私が今年の夏1番楽しんだのは、

川遊びで、

今は"嗚呼 もう夏も終わりか…寂しいな…"

なんて思っちゃってるんですから!!

大人になってからは夏が終わることに寂しさを感じるなんて、これっぽっちもなかったのに!

 

f:id:yorunekom:20190829182141j:image

真っ青な空、生い茂る緑、そこから覗く木漏れ日を見て、

今日も元気だ空気が美味い!!

なんて思うようになりました。

 

川遊びが楽しくなった理由には、

息子が水で楽しく遊べるようになったという成長も大きいです。

 

昨年までは全然水に触りたがらなくて、足が濡れるとヒーヒー言うし、遊ぶというと"川に石を投げること"という感じでした。

これが好きで良く川に行った記憶がありますが、ひたすら石を投げてました。

 

そんな息子、今年はジャブジャブ濡れて遊びました。

顔が濡れる事にはまだ少し抵抗があるようですが、それでも嬉しそうに水遊びをしました。

 

河原で石に絵を描いたり、

f:id:yorunekom:20190829182911j:image

まだバーベキューは未経験ですが、おにぎりやおやつを持って行ってシートを広げて食べたり、

汗だくになりながら遊んだのも今年の夏の良い思い出。

来年はバーベキューがしたいなぁ。

 

息子には学力の高さとかは全く求めていないけど、生きる力・生きる術をしっかり身に付けて欲しいし、

おもちゃやゲームがなくても、創造力や表現力を駆使してそこにあるもので楽しめてしまうようになってくれたら良いなとは思う。

 

その為に私は今、その環境や機会を与えて、私の持っているアイデアを伝え(他の人からもアイデアを貰い)、息子のやり方をみて私も学び、そしてまた新たな閃きを共有して、楽しい思い出をもっともっと増やしたいなって…思っているんです。

 

 

遊んであげるのではなくて、私も本気で遊ぶことが大事だな。って。

めっちゃ疲れるけど。

楽しく自然に遊びながら色々な事を学んで欲しいんです。

子どもの体力は無敵で、帰る頃に私は「モンスター!モンスターが飲みたい!(エナジードリンク)」が口癖になってますが。

 

 

と、夏最高!!!みたいな事を書きましたが、

やっぱり私は冬が好き。

夏が終わる寂しさよりも、秋冬が来る事への楽しみの方が結局は勝っているんですよねー!へへへ