コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

霊感の話◆3歳児

私は幽霊や心霊現象、おばけ...etc という物を信じていません。

自分に霊感がない為、話しを聞くだけでは信じることがなかなかできない私の捻くれ体質がそうさせているのかもしれません。

 

疲れた身体や脳が、過去に何かで得た情報や見た情報やトラウマで作り上げているんじゃないの?と思ってしまうんです。

霊感のある方すみません。

否定はしませんが、どうしても信じる事が出来ないのです。

 

心霊写真は全く怖くありませんが、

ホラー映画は怖いです。嫌いです。

子どもの頃見てしまったものはありますが、自分で映画をチョイスする様になってからは全く見ていません。

その場で驚き心臓に悪いだけではなく、しばらくはその映像にビビり、ただただ怖くなるだけなのに何でみんなお金払ってわざわざ見るの?!と思う派です。

 

そんな前提があってのお話なのですが、

全く幽霊を信じていない大人の私でさえ、ホラー映画や怖い話は怖いので、息子におばけで脅かしたことは一度もないし(○○しないとおばけが来るよ〜とか)、おばけや妖怪の歌や絵本があっても怖いものという情報にならないように話していたんです。

 

それなのに!!!

この3日間、息子が異常におばけの存在を怖がるんです。。。

暗くなったら1人で別の部屋に移動は出来ないどころか、少し廊下に出るのも怖がり、怖いからママも一緒に来て!というところから始まり、

昨日はまだ明るい時間だというのに1人で手を洗いに行くのも怖がる。

 

夜は怖いからギューってして寝たい。と言い、

暑苦しいくらいにギューっと思い切り抱きしめて就寝。

寝入った頃にソロリと離れているのですが、

突然目を覚ましママ!怖いからギューってして寝る!の繰り返し。

それに、エアコンを切った中でも毛布を顔にかけたりして。。。

 

精神的に不安定でくっついていたいのかなとも思ったのですが、おばけが怖い!としっかり言うんです。

"おばけは怖いものじゃないよ"と、おばけなんてないさの歌を歌ったりしてみたのですが、

『おばけはいるんだよ』と。

 

そこでふと思い出したのが、知り合いの子の事でした。

お姉ちゃんと弟の2人兄弟で、そのお姉ちゃんがかなり霊感があるとのことだったのです。

毎夜毎夜幽霊が部屋を叩いて入ってきて、別れた彼の話を朝まで泣きながらしてくるとのこと。

女の子は当時小学1年生だったので、そんな話には全く興味がなかったのですが、寝かせて貰えず寝不足になり登校拒否になってしまったとのこと。

トンネルは全て拒否するため、車での旅行も厳しいし、飛び降り自殺があったビルの前では"絶対ここは通りたくないと言ってた拒否"(お母さんがビルの管理の人に確認して飛び降り自殺があった事を知った)

守護霊も見える為、車に乗っている時は倍の人数が車に乗っている感覚で、狭くて疲れてしまうんだそう。

 

心霊現象を信じていない私にとっては、これが本当に霊感なのか、それともやはり脳で作り上げているなかはわからないですが、どっちにしても、本人や周りの人にとってみたらかなりキツイ状況なわけで。

 

もし息子に霊感があったらどう対処するべきなんだろう。。。

と考えてしまいます。

"今が丁度お盆中"というのがまた私をガクガクブルブルさせています。