コビトスルヒト

お相撲さんが好きな3歳の息子との日々

入園拒否から3ヶ月がたった今の状況

元気に入園したのが4月の5日。

 

初めは慣らし保育で時間が短かったこともあり、"保育園"という所に行くのを楽しみにしていました。

 

しかし1週間程すると始まる"登園拒否"

大泣きして「行きたくない!!!」と暴れ、

母に預けたのが数回。

 

担任の先生や園長先生に、

"初めは皆んなそうなの。6ヶ月から1年は朝泣く子もいる"

と言われた時は白目を剥きました。

 

毎朝"どう気を紛らわせて連れて行くか"頭を悩ませ、

寂しそうな目で仕事に行く私を見送る姿を見るのが辛く、出勤途中に私もシクシク泣きましたよ、ええ。

 

これで良いのか?

"皆んなが通る道"とは言うけど、こんなに嫌がる息子を無理矢理置いてくるのは間違いではないのか。

仕事をする意味。

お金の為に息子に寂しい思いをさせて良いのか。

"ディズニーランドに行く為に一生懸命働くね!!"

"いっぱい美味しいご飯を食べれるように働くね!"

なんて言い聞かせるのも、息子からしたらそんな先の事より日々を一緒に過ごした方が断然嬉しいんじゃないか。

とか、色々考えました。

 

そんな時に40°cの謎の熱が1週間続き、

その後もなかなか完治せず計3週間近く保育園に行けなかった息子。

 

また「行きたくない!!!」と大泣きの日々が始まるのか…と、遠い目をしていると、

「はやく ほいくえんいきたい!!!」

と言い始めたんです。

 

長い高熱との闘い、不味い薬、喉は痛いわ耳は痛いわ、病院で検査されまくるわで懲りたようで、

保育園に行きたいと言いだし、拒否する事なく登園するようになったのです。

 

高熱の原因が分からず病院病院の毎日で、息子の苦しそうな顔を見るのは辛かったし、

夜中も魘される息子の横で心配で毎夜検索し寝不足続きの日々。

本当に大変な5月でしたが、皮肉な事に、あれのお陰で思ったよりも早く登園拒否を脱出してくれました。

 

今でも朝起きると第一声目は、

"今日どこに行く?保育園は行かない!"

と言いますが、単純に眠くてまだ寝ていたいのが原因のようで、目が覚めれば登園の準備をして笑顔で登園してくれています。

 

私だって朝は

"眠い。まだ寝ていたい。仕事行きたくない。眠い。。。"

って思うんだから、普通のことでしょう。(きっと…多分。私が怠けてるからなのか?)

 

楽しく登園してると言いましたが、

週の半ばに1日休みを取って1日一緒に遊ぶ日にしています。

まだ離れて生活をする様になってたったの3ヶ月。

気を張り詰めすぎぬよう緩くいきます。