コビトスルヒト

お相撲さんが好きな3歳の息子との日々

ハッピーイースター!公園でエッグハント

キリスト教ではクリスマスを祝うのと同じように、

春にはキリストの復活を祝う"イースター"というイベントがあります。

 

生命の誕生を意味する卵を使った料理を食べたり、

庭に隠した卵を探す遊びなどをして祝います。

 

うちはキリスト教ではありませんが、楽しそうなことはやろう!ということで、卵を探す遊び"エッグハント"をしています。

 

ガチャガチャのカプセルを卵の形にしたようなケースに、おもちゃやお菓子を入れて、庭のあちこちに隠します。

この卵のケースがなかなか売っていなくて、アメリカに行った時に買ってきたり、ネットで購入したりしていたのですが、

今年はDAISOに10個¥100で売っていました。

50個くらい隠したいのですが、毎年必ず何個か破壊されるので、こうして日本でも売られるようになって嬉しい限り!

 

そして今年は友達も一緒にやりたい!といってくれたので、公園で一緒にやることになりました。

 

子供たちと遊んで貰っている間に、

卵を芝生の上に撒き散らします。

もっと難しく隠したいところですが、それはもう少し大きくなったからかな。

 

子供たちにバスケットを持ってもらい、

いざ!卵探しスタート!!!

 

昨年は見つけるたびに開けて中身を出したがっていたのですが、

今年は競い相手もいることもあってか、

わぁわぁキャーキャー言って駆け足で拾い集め、

あっという間に籠いっぱいに集まりました。

立派なファーマーになれます。

 

f:id:yorunekom:20190423031351p:image

実は私の手抜きで、中身はどれも同じようなグミとゼリーしか入っていないのですが、

1つ1つに歓声を上げながら卵を開けて、全部開け終わると、

もう1回やりたい!!!

となります。

 

こうなってくると中身はもうどうでも良くて、

ただただ卵を拾うだけの遊びでも飽きずに何度もやってくれます。

 

お昼ご飯にはお弁当を広げてピクニック。

 

とても楽しいイースターでした。

また来年!