コビトスルヒト

お相撲さんが好きな3歳の息子との日々

お昼寝開始◆保育園7日目

通常保育1日目。

もうすっかり"行かない。。"とは言わなくなりました。

息子はあまりオモチャで遊ばないらしく、

先生が誘っても"おうちでやるから良い"だとか、

"それはもう飽きちゃったから"だとか理由をこじつけて教室の中をボーッと歩いているらしいんです。

まだ色々様子を見ている感じ。と先生も言っていましたが、私もそんな気がします。

まだ知らないこと、知らないものが沢山あるこの保育園自体の方がオモチャよりも興味があるんでしょうね。

 

家に帰ってからも、非常階段の事や、リトミックで使ってたフラフープがあっただとかそう言うことを良く教えてくれます。

 

そんな息子が今日夢中になってずーっとやっていた事があるとのこと。

それは、

ジョウロでお花に水やり

他の子が滑り台やブランコで遊ぶ中、息子と女の子(Rちゃんではない女の子)の2人はひたすら真剣にお花にお水をあげていたそうです。

日課でしたからね!!!

保育園に行く前は、"息子の畑"と名付けた畑を肥やしたり水をあげたりするのが息子の日課で1〜2時間はやっていたので慣れているんでしょう。

 

今日は14時にお迎え。

お昼寝途中の時間ですが、息子は絶対に寝られないと思うので出来る限りの早めの時間に迎えに行けるようにしました。

 

到着すると、先生と一緒に昼寝の部屋からこちらに来ました。

私を見つけた息子は大喜びで飛び跳ねこっちに走ってこようとしたのですが、先生に止められる。

私は窓越しに様子を見ていました。

 

まずはパジャマのお着替え。

満面の笑みで私の方を気にしながら、パジャマの上にズボンを履き、先生に止められる。

すると今度はズボンもパジャマもパンツまでも下ろしてスッポンポンになり、先生爆笑。

私も涙を流して笑いました。

 

 

お昼寝はやっぱり出来なかったようです。

普段も赤ちゃんの時以来、私がいない所で寝ることはありません。

私がいないと眠れないんです…

これをなんとかしたいと思っていたのですが、結局改善できずに保育園になってしまいました。

暫くは保育園でも眠れないだろうなと思ってはいましたが、やっぱり眠れず、

布団の上でゴロゴロしていたそうです。

 

そして先生を呼んで、

『せんせい ティッシュ ちょーだい。」

と。

「鼻水出たの?」

と聞くと、

『ちがうよ。鼻の奥に鼻くそがあるんだよ。』

と。

 

そうこうしてるうちに私が迎えに来たんです。

先生の話を聞く限り、とても楽しんでいたようですが、

『ママ きょう むかえにくるの おそかったよ!!!

なんで おそかったの??』

と仕切りに言っています。

 

これは怪しい兆候です。