コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

レインフォレストカフェ◆ジャングルの中のカフェ

f:id:yorunekom:20190617091051j:image

 

ディズニー旅行最終日は、ホテルをのんびりチェックアウトした後解散の時間まで少し時間があったので、イクスピアリ内2階にあるレインフォレストカフェというカフェで最後の乾杯をしました。(ホテルでの朝食後だったので食事はしていません。。。)

 

入り口は雑貨屋になっていて、ジャングルや動物にまつわる様な物が沢山売っています。

このお店を見るだけでも楽しめるくらい私好みのお店でした。

 

そして購入したのが、

f:id:yorunekom:20190617091249j:image

天然石の詰め放題。

私も子どもの頃、観光地で天然石が売っているとすぐ欲しがっていたので、

天然石を欲しがる姿に自分の子どもの頃を重ね合わせてしまい、購入。

 

この石の色合いが凄く綺麗で眺めているだけで楽しい。宇宙からのお土産の様な感覚。ツルツルの肌触り。美味しそう、口に入れてみたくなる。(昔は実際に舐めたりしてました…)石と石のぶつかる音。

オモチャで遊ぶのも大事なことですが、こうゆう想像力で広がる道具で楽しみ方を覚えてくれれば良いな。なんて思って。

 

お気に入りの石を息子と順番に選んで袋に詰め込んでいきました。

1回 ¥500 です。

 

順番が呼ばれると階段を降りて下に行きます。

今回はベビーカーがあったので、エレベーターで降り裏口から入ったのですが、通常通りに階段を降りるとゴリラがお迎えしてくれます。

 

一気にジャングルの中に入り、その大きなゴリラに子どもはビビって泣く子も多そうです。

 

私たち3人の子どもは、1人怖がって"帰りたい"を連発していました。

f:id:yorunekom:20190617092255j:image
f:id:yorunekom:20190617092302j:image
f:id:yorunekom:20190617092258j:image

レストランは熱帯雨林と自然保護をコンセプトにしている様で、

雨が降り出したり、雷が鳴ったりスプリンクラーでスコールの演出があるので、その度に子どもはビビります。

息子も始めは少しビビっていた物の、割と直ぐに慣れ、散策したがり店内を歩いて回りました。

 

中央に大きな高い水槽があったり、足元が水槽になったバーカウンターがあったり、

f:id:yorunekom:20190617092853j:image

まだディズニーシーに滞在しているかの様な、夢の国感がありました。

 

私はバナナミルクを。

子ども達はキッズドリンクを注文。

f:id:yorunekom:20190617093051j:image

と、友人が頼んだ可愛い飲み物。

 

キッズドリンクには玩具が付きました。

水に入れると大きく成長する生物の玩具。

息子はタコ。

f:id:yorunekom:20190617093316j:image

家に帰って水槽に入れました。

事あるごとにタコの成長を確認して、約6倍の大きなタコになりました。(今は風呂場にいます)

 

近くのテーブルでバースデーのお祝いをしていました。

火山の様なチョコレートケーキに、花火がパチパチと燃えるローソクが立ててあり、店員の方達がバースデーソングを歌う演出でした。

 

バースデーソング大好きな子ども達は一緒に歌い、

息子に関しては「お誕生日おめでとうって言いたい!」と、私の手を引っ張り乱入。

ちゃっかり一緒に写真を撮って貰っていて(しかも息子が真ん中)満足気に戻って来ました。

自分の誕生日かの様に接して貰えていて嬉しそう。

(お姉さん達ありがとうございます!)

 

値段設定は高めですが、これだけの演出があるのでこんなもんでしょう。

今回料理をオーダーしていないので、ドリンク1杯ずつ頼んで¥1000ちょっとでした。

 

友人の飛行機までの時間調節のほんの束の間の滞在でしたが、

とても楽しい締めくくりになりました。