コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

ホテルでの子ども達の過ごし方

息子の中で"ホテルで過ごした時間"というものは特別な様で、メインイベントよりも楽しそうに思い出を語っていたりします。

 

今回のディズニー旅行でも、メインのディズニーシーと並ぶくらい(もしくはそれ以上)楽しい思い出になっている様子。

 

こりゃー楽しい訳だ!という程楽しい事が盛り沢山のホテルでの過ごし方を記録しておきます。

(一緒に泊まった友人が沢山用意してきてくれました。勉強になりました!)

 

 

 

・人数分のお絵描き帳

人数分のお絵描き帳を買ってきてくれて、1人ずつにプレゼントしてくれました。

"自分の!!!"という特別感。

今回のホテルでの時間の中で、"3人でテーブルに座ってお絵描きをする"という時間が沢山ありました。

 

・人数分のシールブック

みんな大好き!!なシールペタペタですが、

それが1冊の本になっているものです。

実際に貰ったのは、動物の輪郭だけ描かれた本に、

目や口のパーツを自分でペタペタ貼って顔を作るものでした。(忘れてきてしまったのか見つからない…)

息子はこの本が好きで、フライングタイガーというお店で良く購入していたのですが(約300円)、

友人は100均で購入したとのこと。

早速DAISOに行ってみたのですが、同じものはありませんでした。

 

f:id:yorunekom:20190608222717j:image

f:id:yorunekom:20190608222721j:image

ですが、このような種類のシールブックはあります。

細かいシールが沢山入っています。

 

夢中になってくれている時は、親同士でお話しできます。

有難いアイテムです。

 

・お風呂で楽しい入浴剤

息子はテレビで見た"泡風呂"にとてつもない憧れを抱いているのですが、家ではなかなか出来ないので、この機会にお風呂で泡風呂をやろう!!!と思っていたんですが、入浴剤を購入するのをすっかり忘れていました。

 

が!!!友人の子も同じ状況だったらしく、

まさかの、入浴剤を持ってきてくれたんです。

 

宿泊中、子供達は一緒にお風呂に入りました。

息子は"お友達とお風呂に入る"という経験が始めてなので、嬉し恥ずかしという感じで最初は緊張の表情を浮かべていたものの、泡にまみれて幸せそうでした。

憧れの泡風呂体験!

 

2日目は中から玩具が出てくる入浴剤で青いお風呂に入りました。

3人とも玩具を手にして嬉しそうに入浴していました。

 

・寝起きにエッグハント

友人が"ロイズ チョコレートハントセット"というお土産を買ってきてくれました。

ロイズからこんな楽しい物が出ていたんですね!

f:id:yorunekom:20190608222745j:image

 

卵型のカプセルが3つ入っていて、4種類のチョコレートを詰めれる様になっています。

卵に貼るシールも入っていました。

 

1日目の夜に、母親3人で卵にチョコレートを詰め、自分の子が眠るベッドの近くに隠しました。

 

2日目の朝、子供達はエッグハント!(卵探し)

そして見つけた卵に自分たちでシールを貼ってデコレーション。

 

息子を除く2人の子はとっても早起き!

息子よりも1〜1時間半は早くに起きて遊んでいました。

なので、息子が目を開けたと同時に「やっと起きた!!!」という感じで2人が勢いよくエッグハントを促し、シール貼りを誘導され、卵を開けたら大量のチョコレートが飛び散ってビックリし、食べよう食べよう♫と早速ベッドでチョコレート試食会(息子はチョコ嫌い)が始まる。

 

普段の生活では静かに寝起き、布団で少しマッタリして段々覚醒していく…という感じなので、

この大家族感はなかなか味わえず貴重!

親子旅の醍醐味だと思っています。

 

息子は大人しめな性格なので、元気いっぱいなお友達に引っ張って貰うシーンが多かったのですが、凄く良い経験でした。ありがとう。

 

このチョコレートも親がゆっくり準備できて、とても楽しく有難いアイテムでした。

 

"宝探し"って子どもを(大人も)ワクワクさせますよね。

凄く良いアイデアだなと思ったので、エッグではなくても宝探しアイテムを仕込んでおくっていうのはこれからも使おう!と思いました。

朝の準備に集中できるので捗りそう。

 

・お揃いは絆を強める

今回、全員が子ども達3人にお揃いのアイテムを用意してきていました。

帽子、Tシャツ、靴、扇子、水筒、、、

なのでお出かけスタイルは3人お揃い。

(ノートやシールブック、入浴剤の玩具などのお揃いもあり)

 

学生時代、"お揃い"な仲良しの印!みたいな感じでワクワクしたものですが、3歳児にもその感覚があるのでしょうか?

お揃いで身につけた物を息子は帰宅した後もずーっと身につけ、会う人会う人に"お友達とお揃いなんだ"と見せて歩いています。

 

楽しかった思い出も蘇るんでしょうね。

私もそのアイテムを見ると、嗚呼 楽しかったなぁ…と余韻にしたれます。

 

 

こんな感じがホテルでの子ども達の遊びです。

遊ぶものが多ければ多いほど、大人は大人の時間を満喫できます。

だからと言って、オモチャを持っていけば良いわけでもない。(邪魔だし)

 

かさばらずに楽しめるもの。

帰りにはなくなっている消耗品。

この辺は重要ポイントだと思うのですが、

こうして一緒に旅をすると、他のお母さん達のアイデアを知れて勉強になります。

 

子ども達も、これだからホテル生活が更に楽しくなっちゃうんですよね。

 

私もとっても楽しかったです。