コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

「太ってるね!」と言ってしまった息子

先日、春休みの為に人でごった返した"ららぽーと"に行きました。

 

あっちこっち行きたがり、触りたがる息子を連れての買い物はだいぶ疲れます。

小腹が空いたので某ファストフードに並びました。

並ばないといけないのに飽きてどこかに行きたがり、ならばここでは買わずにスーパーで何か買おうかと提案してもポテトが良いという。

疲れた人の多さと息子の自由奔放に白目を剥きそうになってきたので、

「待てないならもう買わない!」

と苛立ちを隠しきれなくなってきた頃に、店員のお姉さんがイェーイ!と高めのテンションで息子の元に来てくれました。

他の店員さんとは制服が違ったので、多分社員さんです。

 

お姉さんはしゃがんで息子の目線に合わせてお話をしてくれていて、息子も楽しそうに2人で会話をしていました。

周りが騒がしかったこともあり、2人がどんな会話をしているのかハッキリ聞こえなかったのですが、その様子を見ていました。

 

息子がワクワクした表情でお姉さんに何かを言いました。

お姉さん「ん?(^^)」

息子『*+%♪$☆!!!!!』

 

しゃがんでいたお姉さんが立ち上がり、笑っていた顔が真顔になり、明らかに顔色が変わりました。

 

きっと、わけわからない事を言って困らせているな??

と思ったところで順番が来てお姉さんの元を去りました。

 

注文をして待っている時間に、さっき何て言っていたのか聞いてみると、

「ふとってるね!っていったんだよ♫」

と。。。

 

実際体格の良いお姉さんだったので、息子が言ったことは素直に思ったままを言ったのは分かります。

その言葉が相手を傷つけるなんてことは勿論分かっていないし、

"太ってる"という言葉は使ってはいけないと学んだとしても

"大きいね"とは言いそう。

3歳児から見れば大人はみんな大きいし、背の高い男の人を見て"大きいね"と言っても大体は問題ないと思います。

息子本人も"大きくなったね"と言われるので褒め言葉だと認識しているでしょう。

けど、大柄な女性に"大きいね"というのはタブーだとしたら、子どもにしてみればなんでやねん!ってなるだろうな。と。

 

"どうして空は青いの?"とか、ありがちな子どもからの難しい質問の答えを日々模索していますが、

今回の様なケースは教え方が本当に難しい。

"ダメな物はダメ!!"なんて教え方をするわけにもいかないし、

"空気を読め"とも言えないし、

"子どもはそういうものだからしょうがないでしょ"と見過ごすわけにもいかないし…

うーん…

 

他の人がどの様にして教えているのか、とても気になります。