コビトスルヒト

3歳のコビトが生息しています

乳児期回想記④⑨ 2016 締

2016年12月31日 


2016年も最後の1日になっちゃいました。

長い1年だったけど、思い返せば早くも感じる。
いや、けどやっぱり長いわ。
去年の今頃は、まだ大きなお腹を抱えて階段を上ったり下りたりしてたとか信じられない。
もう10年位前の話に感じます。


今年はどんな年だったかいつも振り返ってブログに書くのがお決まりごとですが、


今年に限っては 新しい自分過ぎて”今年は”とかいう感じじゃないです。
間違いなく”第2の人生スタート”って感じです。


理由は勿論

f:id:yorunekom:20190328234546j:image
この子の存在です。
可愛い可愛い我が子がやっと現れたのが丁度1年前。


陣痛だと気がつかずに、なんかお腹痛いかも…と1人で耐えていたせいで、痛い!とナースコールを押して直ぐに子宮口全開!あっという間に産まれた為、
出産は1人で挑み、産まれた後に”産まれたよー”と写真付きでメールを送って驚かせました。


赤ちゃん大きくなり過ぎてて4000超えは危険だから早めに産まれる様に動き回って!と言われ、
そんな大きい子が産まれるなんて、 私のお股はどーなっちまうんや!と思っていたけど
いざ産まれてみたら3168グラムと普通サイズで驚きました。


そして子育ての始まり。
初めての子育てで絶対にキツイ!ってなることもあるだろうと思っていたんですけど、 今の所周りの協力もあり 全く苦に思ったことはないです。(いや、たまに疲れ切ったこともありましたけど。)


むしろすっごく面白い。
日々の成長、仕草や行動を観察するのがとっても面白い。
そして可愛くて 、ちょっとした嫌なことなんかに悩んだりなんて全然しなくなった。


息子が産まれた事で、たくさんの友達が遠路はるばる会いに来てくれた。北海道、京都からも。
それにオーストラリアに行ってしまった友達とも数年ぶりに再会できた。
産後間も無く病院に来てくれたり、家まで来てくれたり。
しばらく会えていなかった友達にも再会できたし
長年 こっちに来ていなかったおばあちゃんも 飛行機に乗って会いに来た。
沢山の人が会いに来てくれたのに その殆どの人に息子は人見知りした。

 


今までは自由にやりたいことをやって
気の向くままに旅行に行って
気の向くままに趣味に没頭して生きてきたけど
その殆ど全てを我慢しなければいけなくなった。


けど その価値があります。
どこにも行けなくて 趣味の時間はなくなって
自由に遊びに行ったりできないのに
すっごく楽しい1年でした。2016

 


あ、紅白でとイエモン始まるので一旦ペンを置きます。

 


あー泣ける。イエモン泣ける。
まさに暗い部屋で1人JAMを聞くのはちょっとあれです。
良く分からない涙が出そう。

 

クリスマスは私が胃腸炎にかかり盛大なパーティーは出来ず。


2016年最後の1日は朝から昨日貰ったウクレレを弾き

f:id:yorunekom:20190328235117j:image

スーパーで電車の乗り物に乗り

沢山昼寝をして過ごしました。

f:id:yorunekom:20190328235112j:image


周りの人が居てくれたお陰で幸せに過ごせてるなと本当に実感した1年でした。


来年はどんな1年になるんだろう。
来年の目標は明日決めよう。(明日やろうは馬鹿野郎?)


宇多田ヒカルを聴いて、ゆく年くる年を見たら寝ます。


良いお年を。