コビトスルヒト

2歳のコビトが生息しています

時計の針がゆっくり進む[小物屋さん]◆こどもにこの景色を残してあげたい

f:id:yorunekom:20181016184324j:image

埼玉県ときがわ町にある"ときがわの小物屋さん"に行ってきました。

 

f:id:yorunekom:20181019111115j:image

小物屋さんと言うと雑貨屋さんかな?という感じですが、雑貨屋と言うのもしっくり来ないし、本屋さん(中に絵本が売ってる)でもないし…カフェ…と言っていいのか…喫茶店…とも違うし…

 

ここでは水出しコーヒーが飲めます。

他のメニューはあまりありませんが1秒1滴の機材で8時間かけて抽出しているらしいです。

私は残念なことにあまり珈琲が好きではないので(一時期好きだったのですが、出産後また苦手になってしまいました・・・。)、一緒に行った母だけが美味しい珈琲を楽しみました。

私が珈琲を飲めず注文する物がなかった為、1つだけの注文でも大丈夫か確認すると

「勿論良いですよ。何も注文しないでゆっくりしていってくれて良いんですよ。」と。

 

店内には”小物屋さん”と言うだけあって、絵本(選りすぐられた素敵な絵本ばかり)や、木工品や、ランプなど色々の物が所狭しと並んでいます。

 

外にはベンチやテーブルなどがあり、テーブルの上には木が1本。

f:id:yorunekom:20181019182850j:image

”トンボの休憩処”と書いてありました。素敵なアイデア。

 

珈琲のグラスには[こどもたちに この景色を 残してあげて]とコメントが付き。素敵です。

 

f:id:yorunekom:20181019222929j:image

駅のホームの様なセットがあり、

そこにはボストンバッグやクマのぬいぐるみ、傘やハットが置いてあります。

そのセットに息子を座らせると絵本の1ページの様な構図になりました。

”3歳行き”の列車がもうじき到着する頃です。

 

f:id:yorunekom:20181019222956j:image

この大きな額は額の向こうの景色が絵の中の様に見えます。

額の向こうに立ってモデルになるも良し。

春・夏・秋・冬と四季折々の絵がこの額で楽しめるんだろうな〜。

 

川がさらさらと流れ、息子は水を触って遊び、

母は珈琲を飲みながらのんびり景色を見ながら自然を感じ、帰りたくない。もう動きたくない・・・と言っていました。

f:id:yorunekom:20181019223102j:image

掛けてある木の橋を四つん這いで渡る人。

立った方が怖くないような気がするんですが、息子はこの方法で行ったり来たりを繰り返していました。

 

本当にとてものどかなところで、時間がゆっくり進んでいるように感じる場所です。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 

 訪れ記録

カフェ 10

喫茶店 3

ダイナー 1

レストラン 4

計 18