コビトスルヒト

2歳のコビトが生息しています

[くるみの木]で季節のランチを堪能〜京都奈良旅行2日目〜

今回の京都旅行ですが、

友人が、以前私が[くるみの木]に行ってみたいと言っていたことを覚えててくれて奈良に連れて行ってくれました。

 

くるみの木のランチシステムは、完全予約制。

ランチを予約できたところで油断は出来ません。

ランチの取り置きの予約は出来ても、

席の確保は出来ていないので

11時半openですが、10時半からランチ予約ボードに名前を記入する必要があります。

 

11時半からだしランチも予約してあるから〜なんて余裕かましてゆっくり来たら実際食べれるのは何時になってしまうんでしょう。

"季節のランチ"は、10時半にボードに名前を記載しないと売り切れになってしまうみたいです。(もしくは予約の段階で完売)

 

 

早めに予約ボードに名前を書くために10時15分頃に到着しましたが、15番でした。。。

 

f:id:yorunekom:20180705011226j:image

 

11時からcageという雑貨や服のお店が開くので、

それまでは外の景色を楽しみました。

f:id:yorunekom:20180705011416j:image

外の植物も色々手が込んでいて素敵でした。

全然詳しくないので素敵の一言ですが、

詳しい人ならもっと楽しんで見て回れると思います。

 

お店がopenしたので中を見て回りました。

オリジナルの雑貨や、シロップなどの食品などが並んでいて心踊ります。

心踊りますが、2歳児男児を連れてでは慌ただしくて危なっかしくてゆっくり見れず、

急ぎ足で選びました。

小さな瓶に入ったジンジャーシロップと、焦がしキャラメル。

服の方は全く見ず。

 

"待合室"という部屋が設けられていて、

そこでは沢山の本が置いてあるらしいのですが、

混み合っていて席に座れず立っている人も沢山いる程だったので早々に退散。

 

11時半になり、openと同時に入れました。

(15番目にですが)

 

f:id:yorunekom:20180705025501j:image

 

"季節のランチ"と、お子様おにぎりを注文。

季節のランチ以外のメニューは予約なしても注文できます。

 

店内には直ぐに通して貰えましたが、

"15番" なのでなかなか料理が届きません。

子どもがいなければなんてことない待ち時間ですが、2歳児の息子は飽きてきてしまって気をそらすのにあれやこれや。

 

しばらくすると、息子のおにぎりが到着。

f:id:yorunekom:20180705084702j:image

とてもシンプルなおにぎりは¥160です。

具なしおにぎりですが、素朴な味でとても美味しかったです。

 

そして"季節のランチ"が届きました。

 

今週のメニュー

f:id:yorunekom:20180705085044j:image

・とうもろこしのご飯

・天婦羅

・豆苗とえのきのお浸し

・冬瓜のピリ辛炒め

・わさび菜と柑橘のサラダ

・茗荷のお味噌汁

・プラムのゼリー

 

お薦めどれ?と聞かれたら"全部!!"と言えるくらい全部美味しかったんですが、

メインの天麩羅は今まで食べてきた天麩羅の中で1番美味しかったです。

美味しいだけではなく、面白かったです。

"てんぷら"と一括りで書くだけでは勿体ない程の内容。

 

ミニ串カツかな?と思ったものは、

蒟蒻で 蒟蒻の周りの衣は鰹節!

f:id:yorunekom:20180705104000j:image

(ちゃんと撮れていなかった写真…涙)

鰹節衣のてんぷらなんて初めて食べましたが、

サックサクでとても美味しい。

 

キューカンバーに梅干しがサンドされたものは、付け合わせのレモンや塩をいらないほど梅が効いていて美味しい。

私の1番のお気に入り。

 

ゴーヤの真ん中にエビ(?)を入れて揚げてある物はゴーヤの苦味は全くなくエビ(?カニ)の味が強く出ていて美味しい!

これは息子が1番気に入っていました。

 

という感じで口に入れてみると、

想像と違う味が現れるのでとても美味しく面白い天麩羅でした。

 

柑橘の入ったサラダはサッパリしていて美味。

3人前は食べれます。

 

茗荷の味噌汁も美味!

我が家でも良く茗荷の味噌汁を作りますが、

全然違うんです。

"味噌汁の具が茗荷" というよりも、

"茗荷の味がついた味噌汁" という感じでしょうか。ひとくち口に入れた瞬間にふぁ〜と茗荷の風味が広がって、とてもとても美味しかったです。

 

プラムのゼリーに関しては、

息子があっという間に全部食べてしまったので味は分かりませんが、

多分プラム(か、桃?)のシロップがかかっていたようで、

その残り汁を舐めただけでも凄く美味しかった。

 

美味しい美味しいと馬鹿の一つ覚えな様な感想で申し訳ないのですが、

とにかくどれも"美味しい"んです。

美味しかったぁ〜!と何度言ったことか。

 

食後には珈琲かリンゴジュースが出ました。

私はリンゴジュースをチョイス。

すりおろしの林檎が入っていました。

 

ショーケースに並んだケーキの魅力に負け、

満腹でお腹に余裕がないというのにケーキを注文。(友人と半分こ)

f:id:yorunekom:20180705154401j:image

梅干しじゃないですよ!

ブラックチェリーです。

大きなチェリーがゴロゴロ。

これがまた全然甘くなくて、さっぱりしてるんです。

ペロッと完食。

 

このお店が家の近くになくて良かったと思っちゃいましたね。

好みの味すぎて、これは散財してしまう。

 

と、どれをとっても"美味しい!" なランチタイムでした。

本当に来れて良かった。

 

店員さんもとても感じが良く、

帰り際には少しお話をして、ドアのところでお見送りまでしてくれました。

 

30年以上も前にオープンした"くるみの木"

今のカフェブームの先駆けとなったお店です。

カフェ好きさんは是非1度訪れてみてください。

大満足!

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 

 訪れ記録

カフェ 8

喫茶店 1

ダイナー 1

レストラン 3

計 13