コビトスルヒト

2歳のコビトが生息しています

英会話クラブでイースターパーティー! Get on the train!

以前、英会話クラブ(?)に参加した話をブログに書きました。
www.kobitosuruhito.net

 私は息子を英会話スクールのようなところに通わせるつもりはないけど、

子ども同士の関わりの場として 参加してみた。

…と言うような事を書いたのですが、

今日もまた行ってきました。

 

"子ども同士の関わり合いが持てる"

というような年頃ではなく、殆どが 小学生…??その中に幼稚園生くらいかな…?

そこに、息子。笑

 

小学生の子たちのパワーは、2歳児のパワーとは比べ物にならない程凄まじくて、

完全にビビっている息子。

 

初めに簡単な英語で体を動かし、

(turn right! sit down! stand up! とか)

その間 息子はずっと抱っこ。

抱っこしたまま座ったり立ったり 良い運動になりました。ひぃひぃ…

 

自己紹介の歌を歌ったりして、

次はゲーム。

モンスターゲームと言ったかな?

 

“Monster Monster How are you?”

と聞くと、モンスター役のお兄さんが答えます。

"I'm happy!" 子どもたちyaaaay!

"I’m sad”  エーン…(英語の boo hooとかではなかったような…)

そして、"I’m hungry!!!(お腹が空いてるよ)” と言ったら、

What you want to eat?! と聞き、

monster(お兄さん)が

"eat you〜〜!!!(食べちゃうぞー)"

と追いかけて来るので逃げるってゲーム。

 

そのお兄さんのモンスターが白身の演技過ぎて息子は怖がって涙をポロポロ流してました。笑

普段のギャーギャー言う"泣き"ではなくて、

顔は真顔なのに涙だけポロポロ流していて、

完全にビビっちゃった様子。

 

その後何かしていて(息子をなだめていたので 記憶なし)、

女の子が息子にchick"ヒヨコ"を届けてくれました。

f:id:yorunekom:20180408071126j:image

このヒヨコのお陰で息子に笑顔が戻る。

『なにこれ 笑 なにこれ 笑』

と言いながら、嬉しそうにヒヨコを持ってkissしてました。

 

次にイースターにまつわる絵本の読み聞かせを聞いて、(英語での読み聞かせ、心地いい。)

そして 縄跳びのtrainに乗って 庭へ!

Get on the train! (電車に乗って出かけよう!)

 

広い庭には卵が隠してあるので、

Egg hunting! 

イースターの日以来、毎日卵拾いをしている息子なので 一生懸命卵を探してました。

f:id:yorunekom:20180407205326j:image

なかなか見つけられなかったけど、ヒントを貰いながら3つゲット!

f:id:yorunekom:20180407205358j:image

探すのが難しかっただけに、見つけた瞬間の息子の喜びよう。

 

生卵かと思って ソロリソロリと持ったけど、ゆで卵でした。

この中に丸い紙が入っていて、それがこの後のピザ屋さんでお金として使えました。

 

卵をゲットしたら、今度はjesus loves meという キリスト教では良く子どもたちが歌う歌を歌いました。

この曲は時々息子に聞かせていたので、モソモソと口ずさんでいました。

 

そして 待ちに待ったピザ屋さんでお買い物の時間。

ピザ食べに行こうねと話してここに来たので、

入った瞬間から『ピザたべたい!ピザたべたい!』と待ちきれなかった息子。

 

さっきの卵と一緒に入っていた紙がお金になって、

ピザorホットドッグとジュースが買えました。

f:id:yorunekom:20180408065703j:image

I would like  to have a hotdog and one slice of pizza please.

長っ!

勿論息子は言えるはずもなく 私が言ったのですが、

息子も『ホッドー(ホットドッグ) プリー』と、ちゃっかり言ってました。

そして 『センキュ』も。

 

オーダーする時はいつも

"can I get〜"や”can I have〜" ”I’ll take〜"と言っていたので、

私自身も勉強しながら楽しみました。

f:id:yorunekom:20180408065652j:image

待ちわびたホットドッグを食べてから 息子もだいぶ緊張がほぐれ、

もっと食べたい!と言うので現金(お代わりはプラス料金)を持って もう一度注文。

 

「美味しいは 英語でyummy! って言うんだよ」

と教えたら、食べるごとに

『ヤミー!』って言ってました。

 

色んな国の育児が聞けて(お母さんたち、多国籍でした。)、とても楽しかったです。

 

 

ウォーミング→自己紹介→monster game→読み聞かせ→get the train歌→縄跳びのtrainに乗って外へ→エッグハント→jesus loves me歌→hotdog&pizza 

と内容も盛りだくさん!

 

英語環境に飛び込んだ息子は始めキョトン。

私も殆ど英語で話しかけていたので、

普段会話が出来る私の言っていることがわからな過ぎて何事?!って感じだったと思うのですが、それでも彼なりに楽しんでくれたようで

帰りの車では

『ちょっと ないちゃったけど 、ホットドッグもたべたし〜ピザもたべたし〜 たまご あったー!も したし〜 、、、』

なんて嬉しそうに話してました。

 

晩御飯の時、ご飯を食べ終わったら

『なんていうか わすれちゃった』

と言うので、

え ?ご馳走さま? と聞くと、違う。

結果、yummyが言いたかったようで、教えてあげると、

『ヤミー!!!』と早速活用!

Yummy in my tummy!

 

我が家でやったイースターは、

エッグハントを楽しむだけだったので

こうしてイースターにまつわる色々な事を体験出来たのは凄く良かったです。私にとっても。

子どもたちのイースターは こうやって過ごしているんだなーと参考になることが沢山!

 

…と同時に、小学生の男の子のパワフルさも勉強になりました。笑

言う事を聞かなかったり、いたずらしたり、

「僕友達に超変態な事教えてもらったよ!

"セ"が付くこと!!!」

とか言ってて、ひぇ〜!となりました。笑

息子もあっと言う間にそんな時が来るんだろうなー。

タジタジになっていられない!

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村